素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  緑麗し   Ⅳ

  今日は「夏至」ですかね。
  冬至からの半年、自分としてはどう過ごしてきたか考えてしまいますね。


DSC07666 - コピー


 というようなことはともかくとして、何はともあれこうして写真が撮れるのは幸せなことです。
 
 この人の今日のファッションは上着が黒ですが、バックも靴も、そして時計のバンドも黒です。
 加えて髪も黒。
 そしてスカートが鮮やかな朱。

DSC07730 - コピー


 口紅は控えめで、それがこの人の良い性格を表していると感じましたが、スカートと同じ朱をぬったらどうなるかなあと想像してみました。
 それにしても弱冠○○才で、この気配りです。

 それに引き較べ私のこの格好は!!

DSC07769 - コピー


 CMなどで実際には飲まないで飲んだ振りをして撮っているものがあります。ドラマなどにも多いですね。
 何度も何度も撮りなおすような場合に、そのたびに飲んでいたのでは・・・・ということになるので、実際には飲まないで飲んだ振りをするのでしょうが、その演技が落語家のように上手なわけではなくて、それで美味しいとか、さわやかになったなんていってくれてもなあということがままあります。

DSC07776 - コピー


 TVドラマはこの頃ほとんど見ませんが、見なくなったのはその内容もつまらないことが多いのと演技があまりにお粗末だということがあります。リアリティーにも欠けるし、心情が浅く感じられるのですね。人間はもっと複雑なんじゃないかなあと思うのですね。
 ニュース番組も劣化がひどいですしね。
 マスゴミなどと揶揄する諸君とは別の角度からね、そう思います。


 「気持ちいいでしょー!?」
 「まだ冷たいですよ。でも・・・・いい感じです。」

IMG_8301 - コピー




IMG_8317 - コピー




IMG_8338 - コピー
  1. 2017/06/21(水) 00:00:15|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  緑麗し   Ⅲ

 日中はいくらか気温が上がるだろうとは予想していたのですが、予想以上でした。
 木陰にはいれば真夏とはその暑さは違いますが・・・・。


DSC07778 - コピー



 飲料水のCMを意識したのではないのですが、


DSC07781 - コピー


三門の屋根の下に入ればホッとします。
 視線の先の緑もさわやかで涼を感じさせます。

DSC07817 - コピー

 「そうだ京都に行こう」と来たものの「京都って案外暑いんですねぇ。」という感じかな。(以上拝観記念写真) 

 白川の疎水です。
 この下流が祇園辰巳橋のある「祇園白川」になります。
 この辺りの岸辺には柳並木があって私のお気に入りです。

DSCF0733 - コピー


 実はこの川の西べりを通る道は交通が激しいのです(北行き一方通行)。ことにタクシーの抜け道で、風情をじっくり味わうことができません。
 東側は南への一方通行なんですが、こちらはそれほど車の数は多くありません。じゃああちらを歩けばいいのに・・・ということになるのですが、どこか微妙に趣が違い・・・・というか私には建物が作る景観が面白くない・・・・西側を歩きたいのですね。

DSCF0746 - コピー


こちらは京都会館の西べりを北流し、やがて旧武徳殿付近で九十度西に折れて鴨川にそそぐ疎水の桜並木です。
写真の色合いが濃厚すぎるのは私がうっかり「フィルムシュミレーション」の設定を間違えていたからです。
どうも暗いなあと「明るめ設定」の工夫はしたのですが、根本が違っていました。

DSCF0813 - コピー


 違うメーカーのカメラを3台持って歩くと頭が混乱します。
 せめて常用感度の最低限はISO100に揃えてほしいなあ。

DSCF0832 - コピー
  1. 2017/06/20(火) 00:00:05|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  緑麗し   Ⅱ

 桜の季節が終わるころから山々の緑がありとあらゆるグラデーションで飾られます。
 ふもとの木々もまた美しい柔らかな緑をつけ始め、日毎に葉を広げます。
 柳の新緑もまたその中で最も美しいものの一つでしょう。

DSC07538 - コピー


 柳の木の下には幽霊が出るんだよと言っても怪訝な顔をしています。
 世代の違いですね。もう幽霊じたいがお馴染みの「存在」ではなくて、柳の下も暗くはないのですから。

DSC07542 - コピー


 昨日のTさんと今日のI さんとではこんなにファッションが対照的です。
 私とこのIさんとは今日が初対面です。
 この人の明るい開放的な性格から言って、もし仮にTさんと一緒でなくてもすぐにこういう表情になってくれたかもしれません。
 
DSC07566 - コピー


 待ち合わせの駅で一人の若い女性が階段を下りてくる姿を見て、多分あの人が…と思いました。
 が、二人一緒に現れると思い込んでいたので、声をかける事はしませんでした。その直後に「やっぱりあなたでしたか。」ということになりました。
 二人ともにそれぞれに惹きつけるものを持っています。

DSC07575 - コピー



 清潔感があって話していてもレスポンスが早く性格の良さを感じさせる気持ちの良い人たちです。
 今すぐCMフィルムに起用しても好感度の高いものができるように思います。
 
DSC07610 - コピー


 
 私は小柄ですし、二人は身長も高い上に底の厚い靴を履いていますから、ちょっと腰を落としてもらわないと皆同じパターンになってしまいます。
 が、画面上ではそれとはわからないように・・・・。

DSC07614 - コピー


 

DSC07615 - コピー
  
  1. 2017/06/19(月) 00:00:48|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  緑 麗し   Ⅰ

「緑 麗し」  と、つまりはそういう事なんですね。

IMG_8451 - コピー


 友達も一緒にいいですかと言っていただいて、前回はお二人の写真をアップしましたが、今度はお一人ずつ。
 お二人とも市内の人ではありませんのでターミナルからあまり離れた場所には行けません。
 でもここにも・・・・私にとっての定番ではありますが・・・・いい場所がたくさんあります。

DSC07556 - コピー


 それに場所は同じでも立つ人が違えばそれぞれに写真の魅力は違ってきます。
 そこが人物写真の面白くて難しいところ。

DSC07559 - コピー


 女性の写真はオーバー目に撮るべしとモノの本にはありますが、なるほどと思いますね。
 私はついついアンダー目に撮ってしまう癖があり・・・・。

 写真をクリックして一枚だけにしてご覧いただくと、この日の、気持ちの良い季節の空気感がいくらか出てくると思います。

DSC07602 - コピー


ここから視線の方角を背景に取り込むような写真も工夫するべきでした。

 ミュージシャンの場合などもそうですし、職人さんたちの場合はなおさらですが、その人の見ているものと視線の持つ力を撮りたいと思うのです。
 ですが、それがなかなかできません。
 動画なら可能かなとも思うのですが。


DSC07647 - コピー


 よいアングルをと探します。
 人を撮る≒顔を撮る   に縛られ続けているとなかなかそうはいかないのでしょう。


DSC07737 - コピー



 これくらいでしょうか。

 DSC07742 - コピー
  1. 2017/06/18(日) 00:00:39|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    描く必然が    

 物事に取り組むときに自身の中にそれに向き合う必然があるかという事はかなり重要なことだと思います。
 絵を描く、写真を撮る、・・・・。

DSCF0918 - コピー


 私の場合は「楽しいからいいじゃないか」というところに、既にハードルをうんと押し下げてしまっていますから、あまり悩みもしないのですけれど、楽しいから描くということ以上に作品を昇華させていこうとすれば、事はそれでは収まらないのでしょう。

DSCF0922 - コピー



  洋画を学ばれた中でどうもこのままでいいのだろうかという問題意識が芽生えて・・・・。

DSCF0924 - コピー


 いろいろ紆余曲折を経験されてきたのだそうですが、その間にどん欲に経験したこと学んだことが集積した作品になっていると感じました。

 殊にモノづくりにかかわる人たちとの出会いが大きく影響したようです。


DSCF0926 - コピー


 干菓子の型を活かしたり、左官の壁塗りの技術を持ち込んだり・・・・。

 それらがただ思いつき、アイディアの新奇さのままに集められているのではなくてその絵の中に有機的に意味をなして集合しようとしている、そういう絵だと思いました。

DSCF0927 - コピー


 今回の個展で、様々な人の言葉を聞いて「自分がしていること、しようとしていることは、やっていっていいことなんだということがはっきりしてきた。」とおっしゃっていました。
 
 個展で自分の先品を敢えて世間に露わにするということで、そういうことが確認でき又修正していくことができるんだと思います。

 芸術上の作品も世の人々とのコミュニケーションのツールだという大切な面が
あるのだと思います。

 これからの作品にも大いに期待したいと思いました。

DSCF0929 - コピー

  1. 2017/06/17(土) 00:00:11|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (920)
絵画 (204)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (208)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (27)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR