FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     銅の心を編む   Ⅰ

 ようやく冬の気配を振り切って春になった。
 花冷えになることはあっても、もうあのさすような寒さはないだろう。

 私には少し気にかかることがあった。
 それはいつも疎水べりで地面に腰を下ろして銅線を編む「銅心」さんのことだ。

 少し前に寒風が少し緩んだ日にお会いしていたのだが、必ずしも体調は万全でないと漏らしていた。

DSC01830 - コピー


 早く暖かくなれば、地面におろしている腰も冷たく冷やされなくて済むだろうにと・・・・・・。

 それで「さすがにもうひどく冷える日には出てくる気になれないなあ。」とつぶやいておられた銅心さんだが、暖かい春の日差しに包まれるようになれば、きっとまた元気に銅を編んでいるだろうかと・・・・・。

 「こんにちは!  どうですか体調は?」
 「まあまあさ。 ここに来ないと皆が心配するからね。」

 「今まで少し暗くて寒そうな日に撮ることが多かったから、今日は明るく気持ちよさそうな画面で撮らせてもらおうと思って・・・・。」
 「そう?!  いいよ、わしは知らない顔して仕事をするから、自由に好きなだけ撮っていったらいいよ。」

DSC01837 - コピー


 まだ満開までには間がありそうな疎水べりの桜ですが、音を立てて流れる水は輝きを増していて「見るにも聞くにも寒い」という雰囲気はなくなりました。

DSC01839 - コピー


 銅心さんを見かけていろいろな方が声をかけて通ります。
 増えてきた人の流れから、時に一人二人と「これいいねえ。」と籠を見て声をかけます。

 「わしはね。これはいくらと値段はつけておかんのよ。 これがほしいという人がいたらそこで初めてじゃあいくらいくらにするけれど・・・、とね。 値段見てほしという人じゃなくて、いいものだからほしいという、そういう人に手にしてもらいたいから・・・。 」


DSC01844 - コピー


 銅心さんのところには籠がほしくてではなくて、話し相手がほしくて来られる人も少なくないのです。

 同世代の知り合いが来られました。  話が弾みます。 遠慮はありません。
 「わしは賭け事をする人は嫌いじゃ。」「じゃあパチンコは賭け事じゃないんかい?!」と掛け合いです。

DSC01848 - コピー


 どうやら過日競馬の予想をしあっていたようです。

 「わしは買ってないんよ。 まじめに働いて稼ぐんが一番。」と。

DSC01849 - コピー
  1. 2015/04/03(金) 00:01:55|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと     椅子

 以前、あるギャラリーでちょっとおもしろい椅子を見ました。
 
 その椅子がここにもあったのです。
 その作者にお目にかかれるとは。

DSC04001 - コピー


 この人は「緑が好きなんです。」ということで床にも椅子にも、そしてご自身の服にも「緑」です。

DSC04005 - コピー


 私が面白い椅子だなあと思って、以前見たのはこれではありません。

 お気づきですか?

DSC04006 - コピー


 作者の背後に「z」型になった椅子がありますね。これも面白いですが、それでもありません。

 実は、お客さんと話しているときに撮りたいと話している声が聞こえたのかどうか、お向かいのブースに出店されていた方が声をかけてくれて、いろいろ質問してくれています。

 ご本人は実際に腰をかけて気持ちがよく、・・・それは肉体的にだけではなく心理的にも・・・見ても楽しい椅子を作りたいとのことでユニークな椅子を提案しています。

DSC04007 - コピー



 それにしても「緑」がお好きですねぇ。

 私がある喫茶店のご夫婦が「緑色」が好きで、カーテンも食器も、絨毯もストーブも・・・・何から何まで緑だったと話すと、ぜひとも行ってみたいといいます。
 そのお店でこれらの椅子を勧めたらきっと購入してくれるんじゃないでしょうか。
 いえ、脚の部分が緑じゃないからと言われるでしょうか。


DSC04010 - コピー


 国際交流に資するために設けられたギャラリーで見たことがあるのは、そうなんです、壁からスカートをはいた女の子の脚が出ているこの椅子です。
 これが膝枕だとちょっと硬くて痛そうですが、腰掛けるのなら大丈夫でしょうか。
 でも私の感覚では女性の膝に腰掛けるというイメージではちょっと無理ですね。
 
 それでもオブジェとしては・・・こういう作例は他にないというのではないですが・・・ちょっとおもしろいですね。
 作りもいかにも少女の脚と言った感じです。

DSC04011 - コピー


 若い作家と話すのはやはりとても楽しいし刺激的です。

DSC04014 - コピー
  1. 2014/10/12(日) 00:00:07|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    親子で職人  Ⅰ

DSC03839 - コピー


みなさんのお宅には畳部屋がありますか。
 最近の建物は、ことに都市では、一軒に一間あればいい方でしょうか。
 私の家などは一間で、その上その畳は3センチほどの厚さしかないものです。ですから畳の内部は藁でできたモノではないのです。

DSC03793 - コピー

 
 畳の張り替えをしたり、畳を裏返したりというようなことも個人宅では減っているでしょうね。
 まして畳を屋外に出して、埃を叩いたりする情景はほとんど見られません。

DSC03797 - コピー


 でも、畳の部屋で大の字になって寝るという気持ちの良さは忘れられません。

 

 DSC03803 - コピー


 この畳屋さんは2代目と3代目が継いでおられます。

 お店の前を通りかかると熱心にお仕事をされていましたので、お邪魔を承知で覗かせていただきました。
 私が子供のころよく見た畳屋さんとはだいぶん趣が違います。 畳針が見当たりません。
 どうやらこの機械が縫うようです。

DSC03802 - コピー

 そして畳のヘリはこちらの機械が縫いつけます。
 しかし、そこに至るまではやはり職人の手仕事です。
 畳は重いのです。私に様な非力な人間は畳を担いで体育館一周しろなどと言われたら、きっとへばって畳を落とします。

 
DSC03809 - コピー

 この機械はコンプレッサーが送る空気圧によって畳を用い上げてくれます。そして回転させたり傾けたりしてくれますから、重労働はかなり軽減されているのかもしれません。
 それでも機械のテーブルにセットするにはやはり人間の力でしなければなりません。
 たくましい腕ですね。

DSC03814 - コピー


 
  1. 2014/09/14(日) 00:00:44|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    誠実な、どこまでも誠実な 仕事

 手作り市に行くと「おなじみさん」にご挨拶することにしている。
 この方もそのお一人。
 和菓子を作っておられる。ことにカステラが絶品。

IMG_6196 - コピー

 
 人気のお店では午前中に完売などということがよくありますが、このお店のカステラもその一つ。
 そんなによく売れるのならもっと作ればいいじゃないかとおいう話になるのですが、そこが職人の誠実さ。
 吟味して仕入れている地鳥卵を初めとして、素材を厳選して、作る過程を手抜きしないように作ろうと思えば「いちまいのカステラを焼くのが限度で・・・。」それ以上にしようと無理をすると「仕事が荒れる」心配があるというのです。

IMG_6197 - コピー


 通常お店で販売している商品に加えて、ここに持ってくるのはまた特別に思い入れを持って作っていおられます。
 だからもうけもさることながら何よりお客さんの満足と喜んでもらえること、そしてお客さんとの交歓を大切にしたいのだとおっしゃいます。
 どうしても『売れてしまいました』というお客さんを失望させる言葉がつらくて「二枚焼く」に挑戦もしているとのことですが。

IMG_6198 - コピー

 この方のこの笑顔もまた絶品。
 いえ、本当はもっと「破顔一笑」している写真もあるのですが。

IMG_6204 - コピー

 「商売」という面でいえば効率的でないご主人のこうした考え・姿勢を全面的にバックアップしている奥さんがまた素晴らしい。
 お二人の個性が人の輪を大きく広げているのです。

IMG_6210 - コピー


 この目じりのしわを見てください。

IMG_6200 - コピー

テーマ:ある日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/26(日) 00:03:39|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   畳

 もう今年も残すところ・・・・、という、いつもの言葉が思い浮かびます。
 京都は日本列島の地理感覚でいえば内陸部にありますが、気候は太平洋側に日本海側が進出してきているといった感じです。
 私の住むあたりは「北山時雨」が降ります。全天晴れていたかと思えば突如として霧雨のような細かい雨が冷たくサーと降ります。


 
 さて、師走の風景と言えば大掃除ですね。高度成長期ころまでは、畳を叩いて一年の埃をきれいにする情景があちこちでまだ見られました。ことに「地方」では。
 その畳も家屋のあり方、生活の在り方が変化して需要が大きく減ってきています。

DSCF4091 - コピー

 フローリングにテーブル・椅子の生活が一般的ですからね。

 ある方が海外生活をされた方が帰国してやりたいこととして、湯船につかってお風呂に入るなどと並んで実は畳の上で大の字に寝たいなんて言うのがあるんだと書いていました。

DSCF4095 - コピー


 京都には神社仏閣がありますし、その意味では畳の需要は他府県よりも多いのでしょう。
 そうした、例えば本願寺さんとか、あるいは御苑の迎賓館とかの大広間の畳は、お一人の職人が引き受けて差配するのだそうです。
 そうしないと微妙に畳どうしが合わないのだそうです。

DSCF4097 - コピー

 日本のイ草の産地はずいぶん縮小しています。中国で生産し輸入するのが多くなっています。
「昔は中国産と国産はすぐに見分けがついた。中国産はかたくて折れやすかった。しかし、今ではそれを見分けられる人は職人でも多くはないのじゃないですかね。よくなりましたよ。」

DSCF4098 - コピー


 「中国でのイ草改良のために土を持って行ったんですね。イ草を育てるためだけでなく、イ草は泥で洗うことで色を出しますから。でもそれではだめだったようですよ。
 日本の畑は100年以上の歴史を持って作ってきたものですから、簡単にはいかんわけです。でもそれから土壌改良をして、今ではそん色ないものが作れるんですね。」

DSCF4099 - コピー


 TPPをめぐる話の中で、外国から安く買えるものは国産にこだわる必要はないという議論を聞きます。
 このイ草の話からいくつかの教訓を学ぶことができそうですね。

 失われた土地は数十年、100年を超す展望がなければ回復しない。田畑と言うのは単に面積としての土地ではないということですね。それは人間と自然条件と時間が作る創造物だということです。
 それを貨幣額でしか想像できない人々が政治や経済を主導しているところに問題がありそうです。

 と同時に、日本の伝統技術を語るときに日本の文化が優秀であることを過剰に言いつのる傾向がありますが、お互いに学びあいその地の特徴を生かせば・…日中にかかわらず・・・どの国の人々もそれぞれに高い達成ができるということです。

 あっ、お客さんです。
 人形や茶器の台座などが品よく作られています。お土産にもちょうどいいですね。
 でもこうした小物で簡単なものに見えるものでも縁をつける技などは、決しておろそかなものではないのです。

DSCF4100 - コピー


DSCF4102 - コピー

 今日も素敵な人を見つけました。

DSCF4106 - コピー

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/22(日) 00:03:45|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (152)
人物 (1263)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (159)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (201)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (45)
音楽 (389)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (13)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (0)
美術 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR