fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと    カンツォーネを聴く  Ⅱ

この女性の方も豊かな声量で歌われる。

DSCF2603 - コピー

 司会も兼ねておられるのですが、時々「みなさん聞いてください。耳を澄まして聴いてください。」と何度も言われる。
 
 写真をご覧になってお分かりの通り今日は?日本人観光客が多い。

 そのために日本語で「「みなさん聞いてください。耳を澄まして聴いてください。」とくりかえされるのだ。こんな日本語がスラスラ出てくるということは、これまで幾度もこの言葉を口にしてきたからに違いない。

 歌い手が次の歌に向けて呼吸を整えているのに各テーブルのざわついた話声が途切れないのだ。ことに私の背中側のテーブルは、同胞としていささか恥ずかしかった。

DSCF2605 - コピー

 日本人観光客は食事のついでに歌を聴いている気持ちなのだが、それはまるでBGMを聴く感じなのだ。あるいはカラオケに行って、誰かが歌っていても、「次に何を歌おうかな」とか「ねえねえ、・・・・」だとか、まるで歌に耳を傾けない、その習慣がもろに出ているテーブルがある。

 プロの歌い手に対する尊敬がないように感じられた。他人の仕事に対する尊敬心とでもいおうか、敬意を払う空気がない。

 ずっと奥にはイタリア人の客たちがいて、やはり楽しそうに歓談している。
 しかし、彼らのテーブルに歌い手が行って歌う時には一斉にその歌に聴き入りともに歌っている。

 このテーブルのみなさんに向けて歌うんですよ、というサインが出ても日本人観光客には反応しない人たちがいる。
 このことは今日だけの現象ではないのだろう。

 
 客の歌のリクエストがあればその場で応じる。
 ただし知らない曲や、日本名で言われて戸惑うことも。

DSCF2593 - コピー

 イタリアの歌手は、気持ちで歌う。 今日は何曲歌おうとか、何時までは契約だからという歌い方をしない。
 客の反応が悪ければ、途中で引き揚げてしまうこともあるんだとか。

DSCF2618 - コピー

 逆にお客の反応が良ければより一層気分が乗って歌うんだいいます。そしてアンコールも。

DSCF2615 - コピー

 歌い手の方はすべてのテーブルに視線を送り笑顔を見せる。
 やがて何度かこの方と目線が合い。

DSCF2607 - コピー

 しばらくこういう状態で歌っていただいた。
 そしてある日本の歌では、客も共に歌ったのですが、私がことさら大きな声で歌ったので、それが耳に届いたのか、ステージから降りてきて、しばらく一緒に歌っていただき、曲の終わりには・・・音が低くなっていくはずなのに、・・・カンツォーネでよくあるように・・・伴奏は次第に終わりに向けて音をあげていくので・・・私もそれに従ったのですが、この男性歌手が「そうだ、そうだ、その調子だ。お腹から声を出して。」とばかりに私のお腹を指先で押してきて、自分は歌うのをやめて私に歌わせたのです。
 これには私も驚いて恐縮しきりでした。
 
 なんてサービス精神が豊かなんでしょうね。
 同席の皆様、お聞き苦しいことで失礼しました。

(⇔)
DSCF2606 - コピー

 こうしてイタリア最後の夜も更けて行きました。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/20(火) 00:02:19|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと    雲の上で働く  Ⅲ | ホーム | 素敵な人たちと   生カンツォーネを聴く  Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/828-b20abe7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR