FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  

2013.6.11 月鉾・ 089 - コピー

 ちょっと手を休めてお店の前に立っていただきました。
(⇔)
 2013.6.11 月鉾・ 091 - コピー

 お店の紹介・宣伝が目的ではありません。
 ちょっとおしゃれな写真を撮りたい、それが狙いですから。

2013.6.11 月鉾・ 092 - コピー

 また、せっかくですから被写体になってくれた方にも喜んでいただきたいですからね。

2013.6.11 月鉾・ 093 - コピー

 はたして、どうでしょうか。

2013.6.11 月鉾・ 096 - コピー


 2013.6.11 月鉾・ 098 - コピー

 
2013.6.11 月鉾・ 099 - コピー

朝の報道で「熱中症」による死亡者が少なくないということが取り上げられていました。死亡者の多くは高齢者ですが、エアコンをつけていない方が亡くなられています。そこで医師が出てきて「この時期の暑さを乗り切るには冷房が必須」だとコメントしていました。
 なるほどその通りでしょう。そして「適切にエアコンを使いましょう。」とアナウンサーが続けます。
 これまたごもっともです。 ですが、こうした話を、亡くなられた方が聞いたらどういわれるでしょう。
 「エアコンがほしかったけど、その費用が・・。」という方はおられなかたったでしょうか。
 仮に生活保護を受けておられても、「生活保護を受けている身でエアコンなんか贅沢だ」攻撃に怯えてつけておられない家庭はないでしょうか。
 「生活保護を受けていない家でエアコンがない家はたくさんある。だから贅沢だ」攻撃です。

 エアコンは電気代が嵩みます。
 今度一斉に電気代をあげようという電力会社は、こういう悲劇についてどう考えるのでしょう。自己責任ですか?

 そして私がとても悲しく思うのは、熱中症でなくなられる高齢者の少なくない人が「孤独死」しているということです。
 ボランティアの方々や行政の担当者の努力の様子も報じられています。
 ですが、先進国日本にいて、クーラーがないので熱中症で一人さびしく死んでいかねばならないという事実をどう考えたらいいでしょう。

 先進国だからと言って財政には限界がある。なんでもどこまでもできるというわけではないと政権担当者は言います。
 ですが、消費税を5%に上げた時に、あなた方は何と言いましたか。増税分2%は福祉に使うと言っていなかったですか。2%といえば4兆円です。
 消費税増税で福祉が改善されたという話は聞きません。それはなぜですか。

 今度さらに3%上げるといいます。それは福祉のためだといいます。年金の保証のためだといいます。
 それが信じられる根拠がありますか。

 「異常なまでの猛暑が続いてクーラーの稼働が増え、電力不足状態が受まれたら原発再稼働の声が高まる。」そういうことを期待する電力会社の幹部と経産省の幹部。


 こういう人たちが政治、経済を牛耳っていることが熱中症で孤独死する方を多数生んでいる真の原因ではないでしょうか。

 猛暑は、一応われわれ人間の手に負えない自然現象だと考えることもできます。ですが、エアコンを設備して人の命を救うかどうかは完全に人間の決断と行動にかかっています。

 その行動の一つが明日の投票です。

 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/20(土) 00:04:56|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<素敵な人たちと   放下鉾  Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   アイスクリームにレモネード、いかがですか?!>>

コメント

若い人たちに「興味がない」「自分が投票しても」といわせているのは大人の責任。
政治に関心を持つなんていう言葉も無責任だと思います。
政治は関心を持つとか持たないとかいうものではないはずだと思うのです。
政治は誰もが目を向けておかなければならないものではないでしょうか。

何とか若い人たちが投票しにいける社会にしたいものです。

これを読んだ人は、是非投票に行ってもらいたいですね。
  1. 2013/07/20(土) 23:01:33 |
  2. URL |
  3. kimさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: kimさん へ

> 若い人たちに「興味がない」「自分が投票しても」といわせているのは大人の責任。

 同感です。
 政治を生活の一部としてきちんと市民的生活を営んでいる大人の存在が乏しいから、子供の政治イメージが痩せていくのだろうと思います。

 「政治家」にも責任はあると思いますが、それを「政治家」の責任に転嫁している普通の大人たちの責任だと考えるべきではないでしょうか。

 平和について議論したり、政治のあり方を批判的に考えたりすることを「危険」「政治的」として排除するような学校のあり方にも問題があると思います。
 子どもの権利条約を学校の中に生かしてほしいです。
  1. 2013/07/21(日) 09:35:55 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/792-cf63ad07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (196)
人物 (1318)
絵画 (267)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (186)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (424)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR