FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   ふわふわほにょり

 カメラ人口は実際にはどんな風に推移しているのでしょうか。
 直感的には写真を撮っている人はずいぶん増えていると思うし、一眼レフやミラーレスのレンズ交換式カメラももかなり普及しているように見えるのですが。


 こんな方がいました。

DSC07663 - コピー

 アクセサリーと雑貨を展示販売しています。いつもはお友達と一緒だそうで、お友達の方がこうしたことに先行しているので、「彼女が出店できない時も、一人ででも頑張ろうと思って。」と今日も百万遍・知恩寺の手作り市という激戦区に出店です。

DSC07666 - コピー

 「私は人みしりがきついし、写真写りも悪いので・・・。」とおっしゃるのですが、「手作り市に出店するようになって、ちょっと変わってきたかな・・・。」ともおっしゃいます。

 アクセサリーも和風のモノと洋風?のものが並んでいます。
 こういう服を着ている所為もあって、「こちらの和風のデザインを求める方が多いので、少しずつ作るものも和風のものが増えています。」とのことでした。

DSC07671 - コピー

 老若を問わず女性の中には「着物」を着たいという潜在的な要求がかなり根強くあるように思います。
 元に京都ではレンタルの着物を着て観光する人がそここに目立ちます。

 ところが「この頃なかなか着てもらえなくて・・・。」と、和服産業の方はどんどん衰退していることを嘆いておられます。

 「着つけ教室」などというモノがあって、免状や資格などというものもあります。
 服を着るのに特殊な知識や非日常的な技術が必要だとすれば、和服が衰退するのは当たり前ですね。


 お客さんが集まりますが、ほとんどの方が「この服どうなっているの? ちょっと見せて!」と近づいてきます。
 この服はツーピースになっていて下はスカート様式です。それを、実に簡便な帯を巻いて、普通の「帯締め」という意識からしたら、「これでも帯締めなの」とある種の人からため息が出る様な「ひも」で結んでいます。

DSC07675 - コピー
 
 少し高齢の御婦人たちは、こうして帯を引っ張り、袖をひいて、「どうなっているの?!見せて。案外いいわねぇ。」とひとしきり盛りあがっていきます。

 それにしても、これでは時代劇の「ご無体な」の場面のようです。

DSC07677 - コピー


 今日の記事の初めにカメラ人口のことを書きました。携帯電話にカメラ機能が付き・・そのカメラで撮ったものをプリントしようとすると、・・・やがて、コンパクトなデジタルカメラが普及し、安いキットレンズとの組み合わせだとは言え、交換レンズを2本付けた一眼レフが売れました。
 カメラ業界が・・・キャノンのように働く人々の権利を侵してまで、というケースもありますが・・・カメラを安価にしたことも加わって、かつては誰もがもつというものではない高性能なカメラを、多くの人が手にしています。

 私は、今和服業界のことを思い浮かべています。
 彼女が来ている服は、彼女の若い知人がデザインし、縫製したものだそうです。

 人みしりの彼女が、自分の作品を、展示の仕方に加えて自分の服装まで含めてイメージアップしています。

 DSC07681 - コピー - コピー

 本格的な和服では、テーブルや商品を大阪から運んでくることはできません。そこでこうした服の工夫があったわけです。
 和服を着たいという多くの女性の、決して弱くも少なくもない要求があります。
 なのに和服産業が廃れるとしたら、いったい何が問題なのでしょうか。

DSC07685 - コピー

テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

  1. 2013/04/28(日) 00:03:36|
  2. 装身具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   ガラスの美  「これでいい」じゃなくて「これがいい」へ | ホーム | 素敵な人たちと   素明窯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/726-a558d78f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (198)
人物 (1338)
絵画 (269)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (198)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (440)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (40)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR