fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   竹苞書楼 Ⅰ

 寺町御池を下がるとすぐに目に飛び込んでくるのが竹苞書楼の重厚で古びた建物です。
「寛延年間創業。天明、元治の大火により店鋪消失。現在の建物はその直後に再建した江戸時代の建物です。文人、学者に支えられ、竹苞書楼は生きてきました。
文化サロン的存在として過去、現在、未来の橋渡しを─―。」HPからの引用です。

「この前の火事で一旦全部焼けまして、5代目の話によると、その時に多くの文人の手によって支えられて再建されたそうです。」と七代目店主の佐々木惣四郎さんのお話です。
 この前の火事というのが江戸晩期の元治元年の蛤御門の変の際に起こった、当時の上京・下京の大半が焼失した大火、世にいう「どんどん焼け」のことです。

 寺町でも、別格のたたずまいをもつ古書店です。
 京都に観光にきた方でも寺町を歩いた方はきっと目を留めたに違いありません。
(⇔)
DSC05804 - コピー

 創業が18世紀の第1四半期だといいますから、300年ほどの歴史をもっています。
 先ほども書きましたがご当主は七代目だそうです。
(⇔)
DSC05775 - コピー

 作りが江戸時代晩期ですから、様々な取材を受けたり、建築関係の専門家が訪れたりするそうです。

DSC05776 - コピー

 「建物の写真を撮りたいいう人はよくおられますが、私を撮りたいという人はこれで二人目ですなあ。」ということです。
 以前、若い方が来て、職種別に人の写真を撮っているので、撮らせてくれといってきたということです。
 ふ~むj、その方にお会いしたいなあ。どうやら写真の専門家になられているようだということですが。

DSC05777 - コピー

 店先で声を掛けさせていただいて、色々お話を伺いました。その時にカメラを持ち出せばよかったのですが、歴史的な話も嫌いではないのでついつい・・・。

DSC05779 - コピー

 息子さんが「あとを継いでくれると言ってくれて・・・」八代目になるんだそうです。佐々木惣四郎を継ぐわけです。
 歌舞伎などの家と同じですね。
 
DSC05782 - コピー

 名刺をいただきました。住所が「京都市中京区寺町通姉小路上る下本能寺前町」というのですから、まさに町中の町中です。
 それにしても仕事が人を作ったという言葉がそのままあてはまるような悠揚迫らぬお人柄です。

 DSC05785 - コピー

 
  1. 2013/02/05(火) 00:06:19|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   竹苞書楼 Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと    ライブ・オン・三条大橋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/639-26cbaae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR