fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   竹工芸

 街を自転車で走っていると「おや?!何をされているのかな。」という光景に出くわすこと時々がある。

 冷たい水で竹を洗っているようだ。
 洗われた竹は、みずみずしい青緑色に光り出す。

(⇔) 
 DSC05512 - コピー

 実は、前日ここを通りかかった時のこの工房の御主人が竹をこうして洗っておられました。
 その時に少し話をうかがって、「写真を撮らせていただけますか?」とお願いして、翌日の今日、改めてお邪魔しているというわけなのですが。
 今日は奥さんが洗っています。 
 
 たくさんの太さも長さも様々な竹が並んでいます。

DSC05492 - コピー


 奥さんに話しかけると昨日の話を聞いていてくれたようで、事情を話し終えないうちに奥におられるご主人に「来られましたよ。」と声をかけていただいた。恐縮の至りです。

DSC05495 - コピー

 その時、注文先?から電話が入って「追加」になって一段と忙しい状態になった。
 こんな忙しい時に写真を撮るなんて余計な事を言い出して申し訳ないなあと躊躇していると
 「急ぐので何もかまうことができないけれど、自由にどうぞ。」といっていただいたのだが・・・。

DSC05496 - コピー


DSC05507 - コピー

 観光都市京都も桜のころ紅葉のころには多くのお客さんを迎えるけれども、暑さの盛り、厳しい寒さのころは、さすがに客足が鈍る。
 そこで京都市が普段は公開していない寺院に依頼して特別公開を企画し、なんとか観光客を呼ぼうという。
 
 普段公開している寺社には参拝者を誘導する柵や立ち入り禁止のしるしが既にある。
 ところが特別公開となるとそういうわけにはいかないので、

DSC05503 - コピー


 道路や公園ならカラーコーンやトラロープでも用は済むかもしれないが、せっかくの公開寺院にそういう味気ないものでは雰囲気が台無しになる。ここはぜひとも竹でないと。

DSC05504 - コピー

 自然の竹は工業製品と違うから、節から節までの長さもまちまちだし、太さの変化も様々だ。
 プラスチックなどでそれと見えるものも作られている。ちょっと見にはそれでもいいかもしれないが、この竹の青さは決してまねられないし、時にわずかに曲がり、不揃いであることが自然の竹の魅力でもある。
 この青さは夏場なら一週間ぐらいで褪せてくるから、とても贅沢といえば贅沢だ。
 しかし、・・・なのだ。


 新年を迎えるに当たって我が家の蹲におく竹の柄杓を新しいモノに交換しそこなった。
 新年の清新さが演出できなかった。とても残念だ。

 色々な場所で目にしていたこうした竹の結界などが、こうした場所でこうして作られていたとは。

DSC05515 - コピー

 「もっといろいろ面白いものも作りますから、またぜひ覗いてみてください。」
 ご主人がそう声をかけてくださった。  
 楽しみがまた一つ増えた。
  1. 2013/01/14(月) 00:38:09|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと   | ホーム | 素敵な人たちと   ジュエリー>>

コメント

ありがとうございました。

soujyu2さん、いつもご訪問くださり、ありがとうございます。
そしてこの度、ご忠告ご指導等、ありがとうございました。
たしかに現在の寺田屋は再建されたものですし、場所も違うようです。
当方はそういった関連の事を助長するつもりは毛頭ございませんでしたが、
そのように感じられたという事、深くお詫び致します。

最後になりましたが、いつも心温まるお写真、ありがとうございます。
今後も楽しみに拝見させていただきます!
  1. 2013/01/14(月) 18:41:56 |
  2. URL |
  3. かのぼん #-
  4. [ 編集 ]

かのぼんさんんへ

いえいえ、寺田屋に限らず、色々なことに歴史的考証から言えば事実とは言えないことを観光的な利益のためにゆがめているところはいくつもあって、そこのパンフレットなどから思わず知らず、間違った情報を流してしまうことはよくあるものです。私なども知らないうちにやっています。かのぼんさんが「助長」しようとしているなどとは全く思ってもいません。
また、私が 「お詫び」していただく筋のものでもありませんし。
 また楽しく交流できればうれしく思います。
 
  1. 2013/01/14(月) 19:29:28 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

Re: かのぼんさんへ

> いえいえ、寺田屋に限らず、色々なことに歴史的考証から言えば事実とは言えないことを観光的な利益のためにゆがめているところはいくつもあって、そこのパンフレットなどから思わず知らず、間違った情報を流してしまうことはよくあるものです。私なども知らないうちにやっています。かのぼんさんが「助長」しようとしているなどとは全く思ってもいません。
> また、私が 「お詫び」していただく筋のものでもありませんし。
>  また楽しく交流できればうれしく思います。
>  
  1. 2013/01/14(月) 19:29:53 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

ご丁寧にありがとうございました。
当方こんなおちゃらけたブログではありますが、
今後共よろしくお願いいたします。
  1. 2013/01/14(月) 21:22:27 |
  2. URL |
  3. かのぼん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/613-9ca97307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (699)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR