FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと

 私にとっては寺町のギャラリーをはしごして歩くのが楽しみの一つです。そのギャラリーの中で「同時代ギャラリー」というイラスト、造形など多分野の作品を展示するギャラリーも好きなギャラリーの一つです。
 今回は、私より幾つも年上の加藤力之輔氏の個展でした。
 氏は28歳の時にスペインに渡って絵の勉強をされ実績を残されてきた試されずみの画家です。
 40年もの間デッサンを中心に研鑽を積まれた方で、今は神奈川とスペインを拠点として活動されています。
 作品からはその旺盛な作画意欲に圧倒されます。
 私がカメラを持っているのを見とめて「作品も撮影してくれていいですよ。」とおっしゃっていただいた。これには少々驚いたが、なまじの腕で写真をとっても原画に近づくことは到底無理だということを氏はつとに御存じなのでしょう。けれどお言葉に甘えて作品数点を撮らせていただいたので皆さんにご紹介するつもりでアップさせていただきます。
 加藤氏の横にかけられている絵は「ねむる女」という木炭による作品です。

加藤氏 5


 前の写真では作画に対する氏の取り組みを反映して表情の厳しい写真ですが、次の一枚を見ていただくと氏が実に気さくで穏やかな紳士であることがよくわかります。
 わずかにほころんだ口もととやさしいまなざしをご覧ください。

加藤氏 2


 たまたま氏の個展に足を踏み入れただけの私のカメラの前に立ってくれました。

 下の作品をご覧ください。
 背景の朱と唇の赤(朱)の響きあい。そして黒い服。ネックレスはラピスラズリです。この色彩感覚は見事ですね。なんてプロの作家にいうことではないですね。
 作品点数としては裸婦を描いたデッサンの方が多かったのですが、私自身は特に色彩とそのコンポジションに感銘を受けましたので、そうした作品を紹介させていただきました。
 額にガラスがはめ込まれているのでどうしても映り込みがあります。2点目では展示の様子を、3点目では氏が若い絵を描く方とはなされている様子を写し込むはずでした。


加藤氏 作品 1


加藤氏 作品 2


加藤氏 作品 3

加藤氏 作品 4


 会場では貴重なお話をいただきありがとうございました。
 1944年生まれの先輩から熱いものを頂きました。
  1. 2011/05/25(水) 00:03:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと | ホーム | 素敵な人たちと 帽子をかぶった女(ひと)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/52-a68614e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (198)
人物 (1338)
絵画 (269)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (198)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (440)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (40)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR