fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと    三条大橋でスケッチ Ⅰ

 人ごみの中で絵を描いたり楽器の演奏練習をしたり、あるいは托鉢をした、原発なくせ・米軍基地撤去などのビラを配るというのは、初めの一歩がなかなか出にくい・・のではないかと思う。

 三条大橋といえば東海道の西の起点。『東海道中膝栗毛」の弥次さんと喜多さんの像もある繁華な場所。その人の混み合う橋の上でスケッチをしている青年を見かけた。

 「写生・・といういい方が適切であったかどうか疑問ですが・・中に声をかけてご免なさい。もしよければ写真を撮らせてほしいのだけれど・・。」
 幾分いぶかしそうな表情をされた後、「いいですよ。」という返事をいただいた。
 何を好んで・・と思われたのかもしれない。

 DSC01420 - コピー

 その直後から、既にスケッチに集中していた。
 どうやら西の橋詰に建っている日本風家屋を描いているらしい。
(⇔) 
DSC01421 - コピー

 失礼ながら後ろから一瞥させていただいたが、なかなか手なれたタッチで描かれている。

DSC01422 - コピー

 都会のいいところは、案外こうしてスケッチなどをしていても放っておいてくれることかもしれない。
 もちろん逆に気さくに声をかけてくれるのがうれしいという方もいるでしょうが。

DSC01425 - コピー


 この青年の周りをまわって写真を撮っている私がいます。その私を見ている誰かがいるのでしょうね。
 その誰かが、だんだん気にならなくなりました。
 この青年のように自分がやることをきっぱり表明していれば、世間はちゃんと「敬遠」してくれるのです。
 私はその境地に至るまでにずいぶん彼を必要としました。
 いまでも気弱なものですが。

DSC01426 - コピー

 こういう無言のまなざしは好きですね。

DSC01427 - コピー - コピー

(⇔) 
DSC01432 - コピー


 青年っていいなあ。

DSC01436 - コピー

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/21(日) 00:17:09|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと  コーヒーの焙煎 Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   尺八のお稽古  Ⅱ>>

コメント

こんばんは

昔、仕事で中国に出張の折、北京の天安門広場でちょうどこの青年のようにスケッチをしたことがあります。
夢中で描いていてふと気がつくと、いつのまにか私は大勢の見物人にぐるっと取り囲まれてしまっていました。
中国では日本のように、ほっておいてくれませんでしたね。
まあ、それはそれでいいのですが。
  1. 2012/10/21(日) 22:54:29 |
  2. URL |
  3. Hudson Terrace #ZeBYuJyY
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

昔、子供たちは絵を描いていたり写真を撮ったりする大人がいると興味深そうにのぞき込んだり話しかけたりしたものですね。江戸末期から「明治期」にかけて日本に来た外国人も日本人の人懐っこさや好奇心を、・・大人も含めて・・・報告しています。
 中国ではまだそういう心理的な側面が残っているのでしょうかね。
 今の日本(人)が近代的な自我の成長で他人を尊重するという意味で干渉しないのならいいのですが,無関心や過剰な警戒心、あるいは共感性や連帯性の希薄化・欠如から近づかないというのだとちょっと悲しいですけど。
  1. 2012/10/22(月) 12:12:51 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
三条大橋でスケッチしてたものです。突然写真をと言われたので戸惑ってしまいました。絵を見せてと言われる事はあっても自分の写真をというのは初めてなので(笑)。
私もFC2でブログを始めています。あの時の絵はまだ仕上げてないですが良ろしければ見に来ていただけると嬉しいです。京都へは少しまとまって休みが取れたのでスケッチ旅行に来てました。あの時いただいた名刺というかプロフィールが書かれてあるカードいいですね。外でスケッチしていると不信に思われがちなので自分も作ろうと思いました。
あと帽子を深めに被っていたせいですが青年なんてとんでも無く中年のおじさんです。
自分のブログのとこでも今回の件を紹介させてもらいます。ではでは。

  1. 2012/10/22(月) 12:20:15 |
  2. URL |
  3. としゆき #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

 突然の撮影依頼で驚かれたでしょう?! としゆきさんのブログで、それとは知らずに「この方も四条大橋界隈でスケッチをしているし、案外お互いにすれ違っているのかもしれないなあ。」なんて思っていましたが、まさにご当人だったのですね。奇遇ですね。
 とても中年のおじさんには見えませんでした。
 これからもたくさん作品を見せてください。
  1. 2012/10/22(月) 16:11:55 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/517-ec725993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR