fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  「土屋秋恆 2024」展  Ⅰ

 水墨画家の土屋秋恆氏です。
 「脳内之万象」展ですね。

DSC_1872 - コピー


 別の個展のときのDMでしょうか、その中にアインシュタインのこんな文章が引用されていました。
 「すべての宗教・芸術・科学は同じ一つの樹の枝である。」
 つまり、いずれも脳の作用という点では同根だという事でしょうか。

DSC_1857 - コピー


 土屋氏のHPの冒頭にはこんな文章も。  どなたの言葉でしょうか。

 「一筆の勢いはその胆力を写し    一筆の濃淡はその人生を映す
  かくの如き筆致は           かくの如く生きた証なり」

 なかなか含蓄のある言葉ですね。

DSC_1858 - コピー


 水墨の方なんですから、筆をとって描いているところを撮りたいものですが、「偶然にお会いして撮る」私のスタイルでは、これもまた一興としなくてはなりません。
 おそらく氏を紹介するような動画や写真には、却って鉛筆下書きする姿は入らないかもしれませんね。

DSC_1861 - コピー


 書と同様に水墨ではやり直しの線はひけません。
 
 ですから、墨で書かれた部分は、手を置いた瞬間が決定です。
 鉛筆では、近づいては遠ざかり、書いては消して、納得のいく線を求めています。
 
 しかし、下書きは、あくまで下書きですから、生きた墨の線を引くときには、導かれつつも縛られない勢いや精気のある線にしないといけないでしょうね。

DSC_1862 - コピー


 最初に上げた写真の絵ではしゃれこうべが一つのモチーフになっています。
 今は、心の臓がモチーフです。

DSC_1864 - コピー


 ほかの、臓器にも広がっていきそうですか?
 そうですねぇ。今は心臓を描いていますが、肺ではどうかななどとも思っているので、やがてはいろいろなものに広がるかもしれませんね。

DSC_1863 - コピー
  1. 2024/02/20(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹  「土屋秋恆 2024」展  Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   山中湖村の「クローバー牧場」  Ⅴ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4632-4f5aace0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (320)
人物 (1775)
絵画 (341)
陶器 (67)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (229)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (81)
音楽 (768)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (94)
書 (16)
状景 (22)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR