fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  春はそこまで  Ⅱ

 「プロカメラマン」という言葉だったら、まあそれなりに商業的な活動が背景になりたてちなくてはならないでしょう。
 でも「写真家」というのは、まあ言ったもんが勝ち的なところがあります。
 自分がそういう言葉を発して恥じるモノがなければカメラを持った翌日から「写真家」を名乗れます。国家試験も免許制もありませんしね。

DSC_1849 - コピー


 「自称」はあくまで自称ですから、新聞記事に「自称写真家のA氏は・・・」などと書かれれば相当いかがわしくうさん臭く感じますよね。
 こういう名称は、他人が口にしてこそ意味があるものだという反面があると思います。・・・「半面」ですが、そして大事な半面です。・・・

 DSC_1848 - コピー

 
 この3月の末には写真生活の13年目が終わります。という事は「三次五課か年計画」の最後の「五か年」も優に半分を越したことになります。
 3番目に「5か年」の目標は「写真家であることを意識して撮る」でしたが、その実現がどんどん後ろに下がってきていまして、果たしてこの「五か年」中に、そういう自覚なり意気込みがない面に形成できるのかどうか・・・。

 DSC_1853 - コピー

 先日の「クローバー牧場」のオーナーさんを撮っていて、私が彼を応援する力があるとすれば、それは写真を通じてでしかないという事をひしひしと感じましたし、しかし、果たして、自己満足以上のことができているんだろうかと思ったことでした。

DSC_1852 - コピー


 何人の人を撮ったとか、何回個展をしたというのは、数字として表れますが、それが私の写真の撮り手としての質を表示するものではないことは明らかですから、やはり他人の評価によるとしか言いようがないですね。
 
DSC_1855 - コピー


 京都の町の一角でこんな活動をしている人間が写真撮影を仲立ちにして、何か世の中(人々)とかかわれるかどうか、もう一度考え振り返ってみたいと思っている今日この頃です。

DSC_1854 - コピー


 楽しくなけりゃいけないし、楽しいだけでもいけない。

DSC_1856 - コピー
  1. 2024/02/22(木) 00:00:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹  画廊で本屋 by 二つの出版社 | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹  春はそこまで  Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4630-b2e56fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (320)
人物 (1775)
絵画 (341)
陶器 (67)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (229)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (81)
音楽 (768)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (94)
書 (16)
状景 (22)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR