fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    馬頭琴

DSC_0784 - コピー


 私の悪くなった目で遠くから見たら「二胡」を弾いているのかと思ったらば、馬頭琴でした。
 久しぶりですね、馬頭琴は。

 近くによって自転車を停めて、目礼をしてしばし耳を傾けさせていただきました。

DSC_0789 - コピー


 きれいな楽器です。
 しかも、演奏が「うまい!」
 「プロの方ですよね?!」 「はい、まあそうですが。」
 確かに、精度が高いばかりではなくて、聞かせる演奏です。 

DSC_0787 - コピー


 いわゆる馬頭琴がこういう形になったのはそう遠い昔ではないそうで、ほんの少し前までは移動する遊牧民にそれぞれの集団によって形が違っていたのだそうです。
 それは演奏する側も耳を傾かる側も分散した集団の中で完結していたからに違いありません。

DSC_0791 - コピー

 それがモンゴルも「国民国家」を形成していくうちに…日本の伝統的な楽器も同じですが…形も音程も次第に統一されていきます。
 それがいい事か悪い事か、判断は分かれることでしょう。
 ですが、「地方語(方言)」が駆逐されて『国語』という名の「標準語」が作られていくのと同じことです。

DSC_0792 - コピー


 楽器の形も「洗練」され、統一化して生きますし、それと並行して「西洋音楽」との共役性を要求されていきます。
 日本の尺八でも琵琶でも独特な「倍音」が混じり、ガキごとに音程が違っていたわけですが、今や洋楽器との合奏が可能になりました。そのためには西洋音階に従うしかありません。

DSC_0795 - コピー


 音量だって大きくならざるを得ませんよね。
 移動する一族やそれにいくらか加わった程度の集団が火を囲んで演奏し歌い踊っていたときに必要な音量と、大きな演奏会場で千余の聴衆に届くように演奏するのとではおのずから要求されるものが違います。
 音楽の市場も「世界≒欧米」に広がれば、欧米の耳を意識せざるを得ません。

 そうして音や音楽の相の多様性はどんどん消滅していきます。
 それは同時に音楽の多様な可能性を失っていく過程とも言えます。

DSC_0800 - コピー


 この方がある人物の言葉としてよいことを教えてくれました。
 「音楽に国境はないというが、音楽に国境あれかし。」と。
 排他的で狭小な視野しか持たないナショナリズムではなくして、・・・・グローバリズムに巻き込まれるのではなくて…外に開かれたナリズム。ナショナリズムを根城にした世界性、インターナショナリズムが目指されるべきでしょう。

 DSC_0796 - コピー

 
 この二弦の「上の方の弦」は親指で押さえたり、押したりして音程を作ります。
 二胡にしても、馬頭琴にしても「二弦」しかないのに実に複雑な演奏ができます。人間の探求力というのはすごいものですね。

 
DSC_0801 - コピー


「馬頭」の下には龍がいました。これが最近の定番の形だそうです。

 
 DSC_0798 - コピー

『ウサギに角』
秘密劇場ミラネリ こけら落とし公演

150年間もの長い歴史を持つ古民家が
〈秘密劇場ミラネリ〉として生まれ変わり
現実と過去と虚構の狭間の世界を
演劇的視点からダンス作品として作り上げる

~ウサギに角 Story
京都大原野。とある役者志望の青年が
格安に住める物件を探していた。
ひょんな事から150年の古民家を見つけた。
早速、内見に行くことにした。
だが、その家には
家主が残した様々な物があった······

〈日時〉
① 12月2日 14:00
② 12月3日 12:00
③ 12月3日 17:00
※各回45分前開場
※公演後アフタートークあり

会場: 秘密劇場ミラネリ
(京都市西京区大原野石作町518)

〈お問い合わせ〉
milanerie@ymail.ne.jp

〈チケット〉
一般 :4000円
U25:2500円

〈 CAST 〉
 元井 康平
 長谷川陽菜
 波多野円香
 カナール・ミラン・ ハジメ

〈送迎〉※事前予約制
最寄り駅の洛西口 ⇋ 秘密劇場ミラネリの
送迎希望の方は、迎車の手配を致します。
事前にメールでお知らせください。

〈お車でお越しの方〉
駐車場の数に限りがございます。
お車でご来場の方は、事前にメールにて
お知らせください。詳細をお送り致します。

【申込先】
eプラス
https://eplus.jp/sf/detail/3989050001

Peatix
https://peatix.com/event/3745644
  1. 2023/12/01(金) 00:00:09|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹  秘密劇場ミラネリ  Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹  「歌声よ ガザの空に 届け!」(蒼樹)  Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4560-e347b496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1761)
絵画 (330)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR