fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹  茶の湯を楽しもう  Ⅱ

DSC_7648 - コピー


 中国でお茶のお店に連れて行ってもらった時に、茶を入れてもらったのですが、なんと美味しかったことか。
 入れ方は、日本の「作法」とはちょって位相が違うという感じでしたが、そこにはなるほどの合理性と、なるほどの伝統的な楽しみ方があって、はやり所違えば品変わるですね。

DSC_7650 - コピー


 私は緑茶が好きでして(静岡県生まれですからね。) 中国に行ったときになかなかおいしいお茶が飲めなくてちょっとストレスだったんですが、スーパーマーケットに行ったときに相場もわからず高価な鉄観音茶を購入したのです。
 そしたら一煎目より二煎目、そして翌日の三煎がなお美味しくて四煎目でさらに唸ったのです。
 何だこのお茶は!

DSC_7649 - コピー


 それで先の経験と共に中国茶の美味しさに目覚めて・・・・とはなかなかいきませんが、卒業後の学生たちの贈り物にも支えられてずいぶん美味しいお茶を飲みました。
 ずっと昔は飲めなかったジャスミン茶も実はこんなに良い香りですっきりと飲めるものなんだとイメージがすっかり変わりました。
 やはり本場は本場ですなあ。

DSC_7651 - コピー


 そしてその美味しい茶を楽しむための工夫もいろいろあるようでした。
 それをいろいろ学ぶまでの余裕はありませんでしたが、日本でも中国でも人が「楽しもう」として工夫する貪欲さは変わらないのじゃないでしょうかね。

DSC_7653 - コピー


 どこの国でも美味しければそれでいいとか、飲めればいいんだとか、そういうことにはならなくてそれぞれ洗練喉を加えていくわけで。
 その点では中国全体の実力は相当懐の深い自力のあるモノのような感じがしました。
 侘茶もいいですがね。

 茶の緑を捉えようという発想の起こるのが遅すぎました。これが私の鈍なところです。

DSC_7654 - コピー


 茶道具にしても双方、それぞれに凝っているし繊細な工芸品ですしね。

 DSC_7655 - コピー


 
 
 DSC_7656 - コピー

 
今日の京都盆地は快晴。
 まだまだ頑張るぜ~ 夏の太陽・・んん、とはいかないかな。 夏至からもう二か月が過ぎ年の後半の三分の一が過ぎました。
 太陽が傾いてますよ~。光の色もやや黄色いかな。(気のせい?)
 傾いた分、これが部屋にまで差し込むんですよね。
 昔の家は軒が深かった。で、その分涼しかったわけですよね。

 などと確かな知識もないのにブツブツと。

 福島原発のアルプス処理後の汚染水の海洋放出について様々な声が飛び交っていて、海洋放出に反対している連中には中学程度の理解力もない等と東大中退で「大学ではほとんど勉強しなかった」Hが言っています。
 奴らは「薄める」という意味さえ理解しないなどといいながら、ずいぶんと令和にくってかかっていました。そして「薄める」ということについて何をどこまで説明すれば、「薄める」ということの意味を定義づけることができるのかさえ自覚しない程度の知性しかないことを自己暴露していました。
 
 ウィキペディアには「排出物の処理においては、多くの水と混ぜる希釈は、ある意味で基本的な方法の一つである。
①これは薄めることでその存在をごまかせる、という側面もある
 が、
②有機物などの場合は濃度を下げることで自然の浄化作用に対す
 る負荷を小さくし、結果的にその働きを利用可能とするという
 面もある。ただし、量が多い場合はその限りではない。
③また重金属など分解可能でないものの場合、希釈の意味は全く
 なく、総量規制が必要である。」(数字は筆者)とあります。
  トリチウムも、それと一緒に排出される多数の核種も「分解可能でないもの」に当てはまるわけで、H君は「ウィキペデイアも中学生ほどの知識もなくて、ろくなもんじゃない。」とかみついたらどうかと思いますね。
 彼は、サヨク的なインフルエンサーの無知ぶりをあげつらう、その自分につばが落ちていることに気づかないほど「無恥で無知」なんですね、これが。

 せめて同時に質量保存則ぐらいには説明の視野を広げておくべきでしょうね。まともな小中学校の先生たちは気をつけていると思いますよ。

 でも、この俺だけは賢いと思い込んでいるインフルエンサーH君の発言に、よくぞ言ってくれた、胸がすいたなどと拍手喝さいが送られているのが日本の現実です。
 
 同年代の約50%が大学、短大などで高等教育を受けていることになっている日本人の知性の現実は、自公政権の教育政策が見事、成功裏に進んでいることをよ~く示しています。
  1. 2023/08/28(月) 00:00:03|
  2. 楽しいね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹  立ち姿がいいので  Ⅴ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹  茶の湯を楽しもう  Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4471-9e7698dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (320)
人物 (1775)
絵画 (341)
陶器 (67)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (229)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (81)
音楽 (768)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (94)
書 (16)
状景 (22)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR