fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

瀋陽見て歩記  「故宮」付近

 故宮は満州族の国「金」の都に建てられたものだそうです。
 大東門(撫近門)を振り返ります。この門の下にはその日の働き口を求める労働者が、自分には何ができるかを書いたプレートを置いて職を求めています。
 この門の脇には日本で言えば職業安定所(ハローワーク)があります。 

DSC09408 - コピー
 

 私は北京の故宮を見ていませんが、そちらはずいぶん大きなものだそうです。
 入場料は60元で少々お高い。軍人は優遇されていますから、別の入り口から隊列を組んで整然と入っていきます。
 チケット販売所はこの写真の右手です。

DSC09424 - コピー

 前方にずっと向こうに見えるのが大西門(懷遠門)です。

DSC09426 - コピー

 ここが故宮の入口です。今日は人出も多いようです。今回私はここをパスします。
 
DSC09428 - コピー

 
 町の果物屋です。果物屋はあちこちに見かけます。
 全般的に食料は豊富で安価です。買い物はリンゴならリンゴ、ブドウならブドウを店にある袋に別々に入れてははかりにかけて値段を示してもらいます。スーパーではその値段のシールを袋ごとに貼ってもらいます。レジではそれを読み取ってもらうのです。こうした店でもおおむねそうした買い方になります。私には値引き交渉はまだできません。
(⇔)
DSC09429 - コピー

 大概の中国語の教材には「(値段が)高すぎます。少しまけてください。」というダイアローグが出てきます。こうした店や市場ではそれが普通のようです。
 量り売りの店では「500gにつきいくら」と表示されています。問題はその500gでリンゴだといくつになるのかがわからないという点です。
 中国の人は玉ネギなどは表面の食べられない部分をその場ではいで「軽くして」秤のあるところに持っていきます。したたかです。大阪っぽいです。でも写真はそんなことで撮ったのではなくて、街の風景として「いいなあ」と思って撮ったのです。
(⇔)
DSC09432 - コピー




 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/19(木) 14:25:53|
  2. 瀋陽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<瀋陽見て歩記  故宮付近 | ホーム | 瀋陽見て歩記  故宮付近で>>

コメント

量り売り

懐かしいですね。
子どもの頃はどこのお店もたいてい量り売りでした。
たとえば「りんごを2つちょうだい」と言えば、秤で量って「何グラムだからいくら」‥たいていその後に「やけど、いくらにまけとくわ!」「ありがとう!」というのがおきまりのやりとりでした。
やっぱり、中国では「高い」と「まけて」は必須語彙なんですね。

コーヒー党のsoujyu2さんと違って、私はお茶党なので中国茶の専門店に行ってみたいです。お湯を注ぐと花が開く甘いお茶があるのですが、ご存知ですか?
  1. 2012/07/19(木) 16:23:53 |
  2. URL |
  3. Shin-Lu #-
  4. [ 編集 ]

Shin-Luさんへ

 お湯を注ぐと花が開くお茶・・いつだったかテレビでは見たことがありますが実物は目にしたことも味わったこともありません。緑茶だけでなくいろいろなお茶の種類があるようですが、ウーロン茶、ジャスミン茶くらいしか飲んだことがありません。そのお茶はなかなか華やかそうですね。
 わたしの真の姿は「緑茶」党ですから、こちらの外食の後に「緑茶」でしめられないのはなんとも落ち着きが悪いです。
 いつか「お茶しませんか?」
  1. 2012/07/20(金) 02:39:46 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/444-4b97dc6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (76)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR