fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   Photogrpher yuzuさん at ギャラリーANNE

 へ~、そうだったの?!という新事実を知りました。
 というか、知らなかった私がいかにも迂闊でしたね。
 祇園祭の際には多くの観光客が京都に詰めかけますからたくさんの露店や路面店の店先での販売が行われるし、土産物の特設売り場はできるしホテル飲食店などはフル回転で、特別価格も・・・。
 と、いうようなことは重々承知だったんですが、「この時はたくさんの人が来るので写真展を・・」幾か所もで開いている、というのです。

 この「Gyallery ANNE」でも「B-FLAT PHOTO EXHIBITION」が開かれています。(期間は 17日〔月〕まで)

 私のブログを覗いてくれている京・ヤスさんも作品を出しておられます。
 下の写真の手前の暗い背景で女性を撮った写真は、その京ヤスさんのものです。

 会場に行くと一人の女性がいてお留守番でした。 訊いてみるとこの人も出展者の一人で、入り口近い方の三枚が彼女の作品です。

DSC_6023 - コピー


 もと学校という場所で撮った写真は光が柔らかいうえに、薄く緑がかかっていてカーテンの色とも手前の机の天板の反射の光などともとてもよく調和していて、とてもいい写真でした。 それにモデルさんのポーズも無理がなく、少し潤みがちに光をたたえている眼の印象もとても良く、秀作だと思いました。
 この人が作者の「yuzu」さん。

DSC_6024 - コピー


 この日、河原町通りにあるギャラリー・古都でも人物写真の展示がされています。
 何人か出展者がだぶっています。 旺盛な活動力ですね。

 で、「この近くでもポートレート写真展があるんですよ。」と教えてくれました。
 人物写真は出展する人が少なくて、人物写真ばかりという写真展もそう多くはないと思うのですが、同じ時期に三か所でやっている?!

 本当に、歩いて1分。

DSC_6027 - コピー


 世界倉庫というところで「GALA de portraits KYOTO」(17日まで)をやっていました。気合の入ったプリント群でした。
 ここと、先の「B-FLAT PHOTO EXHIBITION」を掛け持ちしている人もいました。

 人物写真と言っても内容や形式は種々あります。

DSC_6030 - コピー

 
 私の写真はドキュメントの色あいがかなりありますから、これらの出展者の人たちの考え方、価値観とはだいぶん異なります。
 ですから、おのずから私自身としての評価はいろいろあります。

 おっと、思い出しました。先日アップした男性3人の白黒の写真。あの人たちはこの辺りより少し北に上がったところにあるライト商会で、やはり人物を主題として写真を展示していました。
 あの人たちの写真展もこうしたムーブメントの一環だった、のかな。

DSC_6029 - コピー

 
 そしてこのギャラリーから、見える距離に「ちょっと癖のある写真」を展示しているところがあるので行ってみたらいいですよと、別の出展者の方が教えてくれた。
 ということは半径50メートルくらいの中で、三か所も写真展をしているんですね。しかも、人物の。
 
DSC_6036 - コピー


「○○さん『を』」撮る写真、「○○さん『で』」撮る写真。  切り離しきって考えることはできませんが、考え方や撮り方、表現の仕方は相当に違うと思います。
 この半径50メートルの中で展示されている写真は「○○さん『で』」撮る写真だろうと思います。
 私が意識しているのは「○○さん『を』」撮る写真です。

DSC_6035 - コピー



 DSC_6038 - コピー




DSC_6037 - コピー
  1. 2023/07/15(土) 00:00:04|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   清水焼・絵付け | ホーム | 素敵な人たちと   by  蒼樹   ライブは目の前・・二人の三味線プレーヤー  Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4430-60be2161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1761)
絵画 (330)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR