fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

瀋陽見て歩記  故宮付近で

 故宮の周辺には土産物屋がたくさんあります。無論、食事処も。
 こちらに来てギャラリーなどで絵を見ることがほとんどないのでちょっと飢えています。
 水墨画の「制作・展示・販売」の店をいくつか見つけました。

 DSC09411 - コピー

 前の客が出て行ったので店の中に入ってみました。するといろいろ話しかけてくれるのですが・・。無論少しもわかりません。中国語がわからないと言うと、それでもいいからと椅子に掛けるようにと勧めてくれました。

DSC09412 - コピー

 
そして彼の作品や海外での展示の様子、受賞した記念写真などを見せてもらいました。
 イタリア人と一緒に写真を撮ったりしていました。
 
友禅の職人さんと同じように筆の先と根元を上手に使い分けています。
根元に赤の絵の具、先は水と白・・。

DSC09414 - コピー


 手法も絵の出来上がりも、もはやすっかり手の内にあるようで、自由自在に描いていきます。

DSC09418 - コピー

 花や竹だけではなくて鶏や弦、鷲なども羽毛の美しさだけではなく、猛禽類の獰猛さやその身のこなしなどを実に見事に表現しています。
 すぐ後ろに掛かっている松に梅の、額装された絵が2000元とついています。私の給料半月分です。ただ額付の値段かどうかは確かめていません。

DSC09419 - コピー

 やはり遠慮があって及び腰な撮り方ですね。踏み込めていません。でも「謝々、再見」と言って店を出た時はちょっとうれしかったです。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/17(火) 02:15:47|
  2. 瀋陽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<瀋陽見て歩記  「故宮」付近 | ホーム | 瀋陽見て歩記  画家>>

コメント

こんにちは

牡丹の絵ですね。
一度実際にそばで見てみたいです。
  1. 2012/07/17(火) 22:13:31 |
  2. URL |
  3. Hudson Terrace #tLotD3lc
  4. [ 編集 ]

絵が下手な私からするとあのような絵を描けるなんてすごい才能ですよね

とても繊細なタッチですね
間近で見てみたいです^^
  1. 2012/07/18(水) 02:25:57 |
  2. URL |
  3. ヒョ子ヒョ子 #-
  4. [ 編集 ]

Hudson Terrace さんへ

Hudson Terrace は水彩画をしておられるから、きっと興味を持たれるだろうと思い、絵の部分を大きく取り入れてみました。水彩の手法と同じように花弁の白く見える部分は描かないで描き出しています。赤の絵の具で描いた部分のにじみが白い部分を花弁として描き出しているということです。友禅の絵付けをされている方々もきっと興味をもたれると思います。画面に見えるように、一見実に無造作に描かれますが、その技には驚きます。こうした絵はある程度、定番化されている面もあるとはいえ、単に形式的に描くのではなくてデッサンもよほどしているのだと思います。帰国までにもう一度見に行けたらなあと思っています。
  1. 2012/07/18(水) 11:46:37 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

ヒョ子ヒョ子 さんへ

ヒョ子ヒョ子 さん、コメントありがとうございます。
下書きなしに、私と話しながら描いています。まるでマジックを見るような感じですね。しかも筆は丸い筆だけです。私の絵は描けない方ですから、驚くとともにうらやましいですね。
動物、鳥、景色などいろいろの絵があります。ぜひ中国へどうぞ。
  1. 2012/07/18(水) 11:52:04 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

牡丹の花

楽しそうに描いておられますね。思いのまま、なんでしょうね。
扇子も使うものではなく、飾るものでしょうか。
牡丹の花は、本当にあでやかですね。こんな花に譬えられる人とはどんな女性なんでしょうね。
  1. 2012/07/19(木) 16:35:49 |
  2. URL |
  3. Shin-Lu #-
  4. [ 編集 ]

立てば芍薬、・・・。

 座れば牡丹・・。う~ん、それはあなたかもしれませんね。

 日本画だと葉が痛んでいたり、小さな昆虫たちが描きこまれていたりしますが、ちょっと見まわした限りではそういう書き方をしたものは見当たりませんでした。絵画観の違いもあるのかもしれません。
 Shin-Luさんは絵の展覧会などにはよく出かけられるようですが、絵は描かれますか。
  1. 2012/07/20(金) 02:47:14 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/442-698f89e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR