fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

瀋陽見て歩記   西塔

 西塔路はコリアンタウンです。私はコリアンタウンにはいまのところあまり興味がありませんので、そこは一瞥して西塔に向かいます。
 
 途上こんな建物を見かけました。1927年とあるところを見ると、満州事変以前に日本によって建てられたもののようです。
 私がこの文章を書いているのは実は「7月7日」です。日本の人々のどれ程がこの日にちを意識しているでしょうか。
 1937年の「7月7日」は盧溝橋事件が起こり、現地では軍同士が一応の決着をつけようとしていたのに日本政府が強引に事態を拡大して一挙に日中戦争に突入させてしまいました。
 日本国憲法は言います。「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないように」と。今の日本政府は自公にしろ、民主にしろ自衛隊を海外に派遣して勇ましいところを見せなければいけないように思い込んでいるようです。彼らの見ている「国民」が極めて狭い範囲になってしまっているからでしょうね。消費税問題でも原発再開問題でも、彼らが意識している国民は、日本国憲法が想定しているものとはずいぶん違っているのだと思われてなりません。「視野狭窄症」に陥っています。剣呑です。

DSC09346.jpg

 西塔です。
 門前の駐車場を管理する人はいますが、拝観料をとるような人は見かけません。地元の人も自由に出入りしているようです。拝観料をとるための窓口のようなものがありますが、使われている形跡がありません。
 では、失礼して、入らせていただきますよ~。
 
DSC09348.jpg

 寺院としての名称は延寿寺のようです。皇帝の命で建てられたものですから、「護国」とあります。東大寺や京都の東寺などと役割は同じですね。

DSC09350.jpg

 白塔も同じですが、建物が極彩色なのに対して塔が「白」いのは色彩的に面白いですね。日本では本来は塔も極彩色だったと思います。

DSC09352.jpg


 日本の寺院では塔が本来の位置から脇においやられているのとは違って、ここでは中心的な位置にあります。日本では塔に向かって合掌する人はほとんどありません。ここにこそ仏の舎利が安置されているはずなのに。

DSC09353.jpg

 塔の前には石造りのベットのようなものがおかれていて、そこに身を投げ出して祈ります。

DSC09356.jpg


 「写真、撮ってもいですかぁ~」と訊ねようにもどなたもいません。撮影禁止マークもありません。
 中に入って撮るのは、はばかられますので、外から失礼。
 実勝寺の仏像もほぼこのようなものでした。汚れひとつチリひとつ被らないきれいなものでした。

DSC09363.jpg


DSC09367.jpg


 ところで、コリアンタウンにはこのような店があります。北朝鮮政府が直営しているらしいレストランです。入口に政府が厳選したという女性が立っています。
 一階が喫茶店、二階で食事ができるようです。歌や踊りのショウもあるようです。こうした店は何店かあるようですが、それにしても一国の政府がこのような店を開いて外貨を求めねばならないとは。
 しばらく心がふさがりました。おぼれている国とその国民にただ石を投げつけるだけでいいのか。
 私たちの国は「ABCD」包囲網を敷かれて何を感じ、どう行動したのだったか。

DSC09371.jpg

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/09(月) 17:18:21|
  2. 瀋陽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<瀋陽見て歩記  画家 | ホーム | 瀋陽見て歩記 実勝寺 >>

コメント

7月7日

盧溝橋事件のあった日ですか。私がその日に思っていたことと言えば、小さなお子さんがいるのであろう家の軒先に飾られた笹飾りを見て、七夕は中国伝来の節句の行事だけれど今の中国で七夕の行事が行われているのかしらん、なんてことでした。
目の前になければ忘れてはならないことも忘れ、忘れてしまいたいことを痛みと共にいつまでも抱え込み、人の記憶回路とはまことに不可思議なものと思えます。
さて、中国にも寺院があってお参りをする人がいるのですね。なぜか今の中国と結びつきませんでした。ずっと大切にされてきたのでしょうか。
  1. 2012/07/10(火) 20:51:45 |
  2. URL |
  3. Shin-Lu #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

中国の節供の行事は農歴(旧暦)で行われるようです。七夕の行事は具体的にはどんなふうに行われるのか今度誰かに聞いてみましょう。
 「忘れてしまいたいことを痛みと共にいつまでも抱え込み」 
 そうですね。そういう記憶は不思議なことに意識の底でしぶとく残りますね。そして、ふとした拍子に頭をもたげます。まるで時に胃液がのどまで登るような不快な感触で・・。
 楽しい記憶で埋め尽くしますか。
 最近よいことありましたか?
  1. 2012/07/10(火) 23:36:36 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/440-799c7ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR