fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   京都グラフィー 2023にて  Ⅳ

 もう五月が間近ですね。
 季節の進行が早いなあと感じます。  つつじもすでに満開の時期を過ぎたような感じです。
 私の故郷には『つつじ公園』というのがあって、私の記憶では5月初めころに楽しんだという感じなんですが。

 京都国際写真祭は5月14日までですから、まだ先はしばらくありますが、まだ見ていない会場はあまり多くはなくて、うっかり見過ぎして会期が終わってしまったものもいくつかあります。

 さてこの人はその写真祭のある会場のスタッフさん。

DSC_3230 - コピー


 この会場の責任者だということでした。
 この会場の写真は世界中が「薬(ドラッグ)」にあふれていて、世界がその薬で病んでいるということを強く伝えていました。
 むろんなぜ薬が世界中に蔓延しているかと言えば製薬会社がもうかるから、それを追求して政治も動かしてむやみに宣伝、販売しているということです。

DSC_3232 - コピー

 この会場の床には、地面に捨てられて散乱したドラッグ、ピルのプラスチック包装の写真が敷き詰められています。
 ドラッグは途上国の人々にも先進国の人々の体に、心に異常に大量に入り込んでいます。
 かくいう私も毎日、二錠のピルを服用しています。

DSC_3238 - コピー

 
 世界には薬剤師の資格などない、くするの知識も病気についての知識もないただの売人が路上で販売している実態がたくさんあるようです。そしてそれが生活の苦難から一時的に逃れる手段として大量の消費されているのです。
 その生活の苦難は、空腹や暴力的な抑圧や将来に対する絶望のように「貧しさ」が起因している者もあれば、それなりの豊かさが、・・・・実はここから、次の文に至るまでには大きな飛躍があるのであって、日本国内で見聞きする言説の多くは、知ってか知らず可ここをワープしてしまいす・・・・・かえって人々に心理的な苦難を耐えて大量のドラッグが消費されるという切った胃が伝えられています。

DSC_3240 - コピー

 また、例えばことに男性において「マッチョな体系」を得るためにプロティンをはじめとした薬物が大量に消費されて見かけ上大変筋肉隆々とした「男性的」で「雄々しい」体形を得た人々の筋肉は、力を発揮できないもので、そうした薬剤によって骨は細くなり、生命的な躍動する感情は低下し、性的には不能になる人が多いのだと報告されています。まさに「張子の虎」「見掛け倒し」の「男らしさ」の追求です。
 生命体としての力を衰弱して「生命力」を演じるこの矛盾が現代の一面です。
 軍隊などまさに同根の社会的な現れだと私は思いますが。

DSC_3239 - コピー


 この写真祭では・・各会場で異なることもあるのですが・・・写真撮影は許可されています。インスタグラムなどで拡散されることの方を選択しているのでしょうね。
 京都でちょっと名の知れた同時代ギャラリーも、私が11月に個展をする京都写真美術館も、原則撮影OKデス。これが新しい考え方のようです。
 「動画も含めて、全体的(全てという意味)に撮影をしていただけます。」と言っていただきました。
 そこで、私は「ではスタッフも含めて撮影OKなんですね?!」とこの人の半身をフレームに入れるようにして冗談を言ってみました。

DSC_3242 - コピー


 一瞬、「どういうこと?」と、あなたが言っている意味が分かりませんというのと「どうしよう。」の混じり合った逡巡に続いて、「はい。」という返事でした。
 この「はい」は「はい?!」だったかもしれません・・・が、撮らせてもらえるんですか?と一歩踏みこんでOKをいただきました。

DSC_3243 - コピー


 受付の場所ですから、来場者のご迷惑にならないように高等部にも目をつけての撮影です。
 こういう場所で一番難しいのがホワイトバランスの設定ですね。 その点ではEVFは便利ですが、私のはOVFですから。

DSC_3248 - コピー

 
 そして空間を自由に使えない場所・・・つまり被写体との距離を自由に選択できない場所・・・ではズームレンズが便利でしょうね。
 でも、ひたすら単焦点にこだわるんですね、私は。
 

DSC_3249 - コピー
 
  1. 2023/04/30(日) 00:00:05|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   京都グラフィー 2023にて  Ⅴ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   京都グラフィー 2023にて  Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4353-1619d55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (79)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR