fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   左官の仕事

 世の中には『決定的瞬間』なんてものがあるようですが、すべての今はすぐに過去になり、そして二度と取り戻せないのは「決定的」であろうがなかろうが同じです。
 写真の魅力の一つは「今」を過去にしてしまうことに抵抗することでしょうかね。決して過去のすることを押しとどめることはできないのですが、今の痕跡を残しているというような。

DSC_2987 - コピー


 私のいつもの失敗は「撮りたい。・・・・・ぐずぐず愚図・・・・、あのう。」
で、「スミマセンが写真を撮らせていただけませんか?」に至るまでの時間が長い。それで撮りたい情景を過去のもの、つまりはトリカ戻すことのできないものに、みすみすしてしまう。

 それで何度後悔したことか。

DSC_2988 - コピー

 
 南禅寺に向かう途中で壁の補修をされている左官の仕事を見かけました。
 地塗りをして、そのあとで漆喰を塗るわけでしょうが、別の場所にも地塗りを終えた個所がありました。
 写真をご覧になると、もう右端を塗っていることがお分かりだと思いますが、もう作業「終わり」の直前なんですね。

 漆喰を塗るには地がしっかり乾かなくてはなりません。それには「直接日が当たっていれば季節によって一日で乾く場合もあるけど・・・。」  ここは北向きですし「三日はかかるかな。」とのこと。

DSC_2989 - コピー

 ですから、地を塗り終えれば今日の仕事はこれでお終い。
 そのわずか1,2分前に声をかけるというタイミングの悪さ。
 周囲をうろつくあの逡巡がなければ、少なくとももう5分や6分は撮れたはずなのに。
 そうすればもっと観察できて、違う意識でも撮れたはずなのに。

DSC_2991 - コピー


 後悔先に立たずと何べんも何べんも口にしても、もう12年も撮っているのに、この様です。
 いやあ、ストリートで被写体を見つけるのは難しいですねえ。
 
 この左官さんのように腕が立つうえに心の広い人は決して「出会えない」のではないのに、仕事の邪魔になってはなあと遠慮が先に立ってしまうんですね。

DSC_2992 - コピー
  1. 2023/04/24(月) 00:00:06|
  2. 働く人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹  1700年代のヴァイオリン ?!  Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹  水路閣にて  大阪のお嬢さん二人  Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4347-b1cf291f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (79)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR