fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   久々のミニコンサート  Ⅰ

 2020年の初めに新型コロナが世界に蔓延して、以来様々な生活領域で、感染防止のための変容が迫られてきました。
 コンサートも同じですね。多く音楽家が演奏の機会を失い、私たちは音楽にじかに触れる機会を無くしました。
 それでもネット環境生かした様々な工夫を重ねて、かえって新たな表現方法、視聴方法を獲得してきた面もありますが、やはりライブこそ命でしょう。 

 DSCF4263 - コピー


 ここは高瀬川沿いにある・・・・これまで何度もこのブログ記事に登場してきた・・・ギャラリー高瀬川四季AIRです。
 このギャラリーは今から約9年前にM氏が、良心的な不動産業者のW氏の紹介によって開いたギャラリーです。
 W氏は京都の町屋存続のために日々奔走している方で「町家をこわすのはちょっとマチヤ」と呼び掛けている方です。
 その方が「誰かいい借り手はないかしら。」と依頼されて目を付けたのがM氏。
 彼がギャラリーの経験を持っていること、企画力や人をつなげることにたけていることに目をつけての抜擢でした。見事ご正解でした。

このギャラリーは今年度いっぱいで閉じられます。惜しむ人がたくさんいる中で、じゃあ最後の一年に花を添えようということでM氏の旧友のO氏が長年描きためた絵を展示することになりました。
 そしてM氏は集客んために久々の記念ミニコンサートとレセプションを企画したというわけです。

DSCF4269 - コピー


 M氏と長年の親交のあるファゴット奏者Tさん。そして今日は編曲、ピアノで参加のHさん。そこにぐっと若い新卒の声楽家のTさん。Tさんはファゴット奏者のTさんが個人レッスンをしてきた教え子ですから、ファゴット奏者のTさんにとって教え子と共演。感慨深い日です。

DSCF4264 - コピー


 聴衆は平均年齢がおそらく70歳を少しばかり?上回る多数の方々。
 その年齢層に合わせてHさんが選曲、編曲しての演奏です。
 お客さんの中には声楽家(ドイツ語系)がいたりシャンソンに異常に詳しく自らもとてもよい声で歌われる方がいたりと、レベルが高いので新人声楽家にとってはプレッシャーがかかります。
 
DSCF4301 - コピー

 
 でも年齢でいえば三分の一、自身の孫に相当する若々しいTさんの歌声にうっとりし、時に口ずさんでひと時を楽しみました。

DSCF4291 - コピー


 私は高瀬川沿いの席を占めて聞いています。 いつも撮影チャンスを逃すまいといち早く撮影に有利な席を確保するのです。
 そしてどれほど込み合ってもここを死守するのです。迷惑な客です。
 それでもギャラリーの―オーナーのM氏が「写真家の・・・」と紹介してくれるので、厚かましく振る舞えるのですが。

DSCF4306 - コピー


 私が腰かけている眼の高さから足元に夜の高瀬川の流れが視界に入ってきます。
 すると水の流れによって逆に自分の位置が動いているような錯覚に陥いってめまいがしてきて昏倒しそうになります。
 これも年の所為ですかね。
 この日、私は、大学の寮の後輩が、おそらくは今頃は既に最期の時を迎えているのではないかと想像しながらここにいたのです。そして「もっと生きたい」と絞り出すように書いていた彼に「君が願っていた生を、俺はこうして大事に続けるぞ。」と何度も何度もつぶやきながら写真を撮っていました。
 そして、もうこの地球という舞台はこうした若い人のものなのだなあと思いながら。

 
  1. 2023/04/20(木) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   久々のミニコンサート  Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   Chabako journey + 陶芸家 の緑陰茶会  Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4343-8c1f11ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (79)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR