fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  photostoppeur de rue français

先日(3/8)、鴨川で久しぶりにお会いした若いジャズトランペッターさんへ
 もしこの文章を読んだら私にE・メールをください。素敵なお知らせがあります。


・・・・・・・・・・

 鴨川をここまでさかのぼってくるとひとまず自転車を止めて辺りをゆっくり見まわします。
 誰かユニークな人はいないかなあ。フォトジェニックな人はいないかなあ、と。
 今までの経験上、ここには、そういう人が集まるんです。
 甲斐 扶佐義氏がこの辺りにこだわって写真を撮ってきた理由の一つがそれかもしれませんね。

DSC_1293 - コピー


 この近くで6,7人の若い男女がギターを手に集まっています。
 それを見て、この人がその輪にどんどんと向かっていきます。ちょと構える彼らに向かって「写真を撮っていいか。」と話しているようです。そして了解を得るとさらに話しかけて若者たちを乗せていきます。
 撮った写真を・・背面液晶画面で・・・見せると「ナイス・ピクチャー!」と声が上がります。

 なるほど手慣れたものだと感心します。
 その彼がこちらに向かって来ると思わず親指を立てて「👍」。彼はいぶかしそうな顔をしていました。
 この目の前にいる一度も話したことがない男がなんで俺にそんなサインを送るんだということでしょうか。

DSC_1294 - コピー


 それで自分はポートレートフォトグラファーで・・・と話し始めると「俺は英語は苦手だ。」というので「日本語は上手だね。」と。
 すると「まあ英語よりはましだ。」
 フランス人だそうです。  フランス人も今ではかなり英語を受け入れているとも聞くけれど、相当濃いフランス精神の持ち主かもしれませんね。
 「👍」なんて軽薄なヤンキーのすることだなんて思っているのかな。
 私はそういう精神も嫌いじゃありません。英語が世界言語だなんて思うなよなと、彼がいったわけじゃありませんが、私のどこかにはそういう気持ちはあります。

 (上の写真と下の写真。こういう2枚が撮れるところに写真の面白いところがあります。)

DSC_1295 - コピー


 それで「撮らせてくれないか。」というと、撮ってどうするんだという表情。それでも、まあ、おかしなコメントをつけなきゃいいだろうということで、私の手招きにこたえてベンチに腰を下ろしてくれました。
 彼もフォトグラファーなら私もフォトグラファーです。ここで一歩でも引いてなるものか・・・・などと気負っているわけではありません。
 魅力的な顔をしているんです。

DSC_1298 - コピー


 だから「おじさんシリーズ」のために撮りたいんです。
 

DSC_1297 - コピー


日本にきて京都以外に行ったことがないそうです。
というのはまだ京都を見切っていないからだと言います。京都にはまだまだ未知な部分がいっぱいあってそれを極めないと他には行けないと、そんな気概を感じさせます。
 このコンデジが「金棒」なんですね。

DSC_1302 - コピー


 このところTik Tokで世界のストリートフォトグラファーたちの活躍を見ていますので、私も燃えます。

 この人、フランス人版の甲斐 扶佐義かな。いや甲斐扶佐義氏がこのフランス人写真家版かな。

DSC_1304 - コピー


 DSC_1300 - コピー
  1. 2023/03/15(水) 00:00:02|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   駅ピアノ 米津玄師を弾く | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   篠笛とギターと   Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4305-49380dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1761)
絵画 (331)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR