fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   「きつの えいじ 写真展」

DSC_6601 - コピー


 神宮道(平安神宮に通じる道です)に接して建つ京都写真美術館です。
 きつの(橘野)さんは日本写真家協会の会員です。

 つまり職業写真家ですね。

DSC_6602 - コピー


 日本各地の自然、ことに渓流や森林を撮った写真です。
 背後に写真作品がボケた状態で見えますが、フレームの中はほとんどが緑と青の塊の様でしょう?! そこにこの方の写真の特徴があります。

 「東山魁夷」の色を意識しているそうです。

DSC_6603 - コピー


 多くは明け方近くに撮っているし、雨やもやのかかる、「蒼っぽくなる」環境で撮っているそうです。そしてそれをなおかつ青に振っているようです。そしてそういう明るさ〔暗さ〕の下では緑の葉が行きませんから、それはそれで持ち上げ黄味も加えているようです。

DSC_6604 - コピー

 
 職業写真家の創り出す写真らしい、スキルとテクノロジーに支えられた写真です。

 デジタルカメラが出現して、この業界は劇的に変貌を遂げてきたわけですが、この人の世代はまさにその大波を経験してきたわけです。
 今やデジタル技術を理解し、駆使できないものは業界で生き残ることは難しいようですね。

DSC_6609 - コピー


 紙にも随分こだわったようで、自身で和紙を漉いていろいろと試したようです。

 その拘りと通じるのでしょうか、写真には鮮やかな赤に近い朱の「落款」が捺されています。

 時々、サインでなく、こうして落款を押される方がいますね。
 そうした作品を見た時に、「日本画、水墨画、書、篆刻などをされる方たちから、落款を捺す位置についてもっと学ばれる方がいいなあ。」と思うことは少なくありません。

DSC_6610 - コピー


 写真を撮った場所は文字通り日本の北から南まで・・・。屋久島などもあります。
 点景の人物が入ることもなく社なども見えません。 全く自然だけです。

 すべての写真の明るさや彩度感が統一されているところもいかにもプロらしい見せ方でしょうか。

 私のような行き当たりばったりとは大いに違います。

DSC_6611 - コピー



 どうもピントが来ません。
  1. 2022/09/10(土) 00:00:05|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   「顔」たち  Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹  「我々われわれ」展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/4119-e2f3b3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1598)
絵画 (312)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (71)
音楽 (699)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR