fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

瀋陽から

 この若い友人は私たち日本人のために二胡を弾いてくれました。小さな頃から胡弓、ピアノ、笛などを習ってきたそうで、大変上手でした。

 DSC08092 - コピー

 この部屋は私たちの共同炊事場、兼、食堂なのです。
 
 彼は日本語に加えて英語もよく理解する青年です。私たちが出かけるときに,時々、通訳としても助けてくれます。近い将来日本に留学しようと勉学に励んでいます。大変優秀な青年です。

DSC08095 - コピー

 この品の良いご婦人は,ご自身が二胡を練習しているので事細かに奏法についてのアドバイスを求めています。譜面は数字で音階を表しているようです。
(⇔)
DSC08100 - コピー

 楽器ができるとどの国の人ともすぐに親しくなれますね。うらやましい限りです。

DSC08104 - コピー


 安徽省出身の彼からは、中国でも地方によって様々に異なる習慣や人々の様子を聞かせてもらっています。
 中国の青年たちは総じて年配者に対してとても親切でいたわろうとする心配りができます。この青年もとても細やかに気を遣いますが、決して例外的な存在ではないようです。

DSC08112 - コピー

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/05/18(金) 00:54:06|
  2. 瀋陽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<瀋陽見て歩記  その5 | ホーム | 瀋陽見て歩記  その4>>

コメント

中国版、素敵な人たちの登場ですね。 楽しみです。
 
  1. 2012/05/18(金) 22:29:36 |
  2. URL |
  3. Hudson Terrace #-
  4. [ 編集 ]

生の二胡の音が聴けて羨ましいです

よその国に行ってみて自分の国のことがよりはっきりと見えてくる。
中国の青年が総じて年長者に優しく心配りができると感じるということは、それだけ日本の人間関係が希薄で冷淡で粗雑だということなんですね。日本人として反省します。

楽器を嗜む青年というのはいいですね。
特に二胡というのがいいです。弾けるようになりたい楽器です。
soujyu2さん、中国滞在中に、ぜひ二胡を弾けるようになってくださいな。
  1. 2012/05/19(土) 11:55:12 |
  2. URL |
  3. Shin-Lu #-
  4. [ 編集 ]

Shin-Luさんへ

Shin-Luさんに反省されると困るなあ。確かにこちらで私が接する青年たちは・・たとえば道路を横断するときに、半ば抱きかかえるようにして私を横断させ、自動車の動きを伝えてくれます・・それは単に私がどんくさく見えるからだけではないようです・・・気を使ってくれます。ですからいつの間にか安心して「年寄り」になっていきそうなのです。日本では「お若いですね」というのがほめ言葉ですが、中国では案外違うのかもしれませんね。私もそのうちにShin-Luさんに手を引いてもらうようなことになるのかもしれませんね。(笑い)
  1. 2012/05/19(土) 13:25:36 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

Hudson Terraceさんへ

中国版「素敵な人たちと」はなかなか軌道に乗りそうもないです。今季は助走前の準備運動に備えてランニングシュ-ズを買うために、貯金箱の設計図を書こうと鉛筆を削る計画をする・・といった状況で終わりそうな予感です。
1枚でも2枚でもとりたいなとは思っているのですが。
  1. 2012/05/19(土) 13:32:17 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして、こんにちは。
BLOGの趣旨が私のに似ていてとても気に入りました。
どうか参考にさせてください。
http:// kasumisp.exblog.jp/
  1. 2012/05/20(日) 07:30:38 |
  2. URL |
  3. 霞 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/402-2d1294d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (76)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR