fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   明日 ガンバレ !!  Ⅱ

 ご存知かもしれませんが、矢島正雄・作、弘兼憲史・画で、『人間交差点』というコミックの秀作があります。
 
 この「人間交差点」という言葉、私は好きなんです。   人との出会いを「縁」とか言いますが、私には出会いを「交差点」と表現した方がぴったり来ます。

 そう出会いは一瞬の「交差点」を形成するだけなんです。 でも、「点」でしかないものが深いんですよね。

DSC_1250 - コピー


 明日が試験日だという(つまり今日なんですが)受験生とその親御さんに出会う。

 私はこのブログのページに「人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。  『素敵な人たちと』の出会いが私をワクワクさせます。」と書いていますが、まさにそういう事です。

DSC_1251 - コピー

 
 高校三年生で県外に行って受験するというのは不安や緊張が伴うのは当たり前です。当然のことながら希望通り合格できるかどうか保証はないわけですし、なおさらです。
 多くの人が通ってきた道だとは言え、心細いに違いありません。
 付き添ってきたお母さんだって…大人ながら・・・同じでしょう。

DSC_1255 - コピー

 
私は今の大学の受験制度は不条理の塊、歪みの塊だと思っています。
イニシエーションとして重要だとかこういう制度があるから勉強するんだなどと、したり顔で言う人もいますが、私は「革命的」に変革しなければ日本の若者の知的精神的な成長は望めないとさえ思っています。 知的な成長発展を大いに阻害するのが試験・受験体制です。こんなものは差別・選別にシステム以外のどんな意味も持ちません。

高校生はただ耐えて傷を深くしないだけが成功的な乗り切り法です。

教師のものの考え方・教育観も高校のシステムも、もう耐えがたいところまでひずんでしまっています。

 中世ヨーロッパの教育の情景を描いた絵を見て・・・・そこでは無知、体罰が横行し、ひたすら丸暗記が支配していた。疑問を持つことは許されずに、ただ従順な民となることだけが目指された。 ・・・・なんと馬鹿げたことが行われたことかと呆れる。 日本の戦前の体罰教育と非科学的な知識の詰め込み、妄信と従順と隷従の訓育をみて、・・・それが素晴らしい教育だと復活を願う人たちが政権を握っていますが・・・深く痛切な溜息をつくように、今の状況は百年後の心ある人たち人を呆れさせることだろうと思います。ぜひそうあってほしいものですが。

だから私は受験生を見ると余計に「頑張れよ!」と思ってしまうのです。

DSC_1256 - コピー


 君たちの青春は、若い知性はこんな馬鹿げた仕組みでダルなものにされてはいけないよと思わずにはいられないのです。
 そして若者の多くは健気にこの愚かしいシステムの中を潜り抜けていく。 

DSC_1257 - コピー


 本当に「健気に」
 
 これを越えて君の青春を取り落とすなよ、掴み直してくれよと、念じます。

DSC_1259 - コピー


 彼女は明日も試験です。   彼女には希望があります。
 
 せめて余計な波乱なく実力を発揮できる試験日であれかしと願います。

 ガンバレ受験生!!    ガンバレ高校生!!

DSC_1261 - コピー
  1. 2022/02/02(水) 00:00:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹    消しゴムハンコ   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   明日 ガンバレ !!  Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/3901-690f336c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (79)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR