fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    京友禅

 京の職人さん、久しぶりの登場です。

 京友禅。

DSC03626 - コピー


 絵柄の輪郭に糊を置いて(染料の浸出を防ぐためのものです。「ふせる」と言います。)その輪郭の中に「色をさし」ます。

 記事の状態や、気温、湿度などによって染料の渇きが違いますから、むらなく一様に色をさすのにも神経を使います。

DSC03628 - コピー


 向かって右側には菊などの花が咲き乱れています。
 そのあたりに色をさし始めると俄然華やかになるのですが、今のところやや地味な色です。

 「ちょっと残念ね。」

DSC03632 - コピー


 筆には染料をたっぷり含ませて、カスレが出たり途中で染料を継ぐようなことはしません。
 そのために含みの良い筆を選びます。

DSC03634 - コピー


 この方も、そして向こうに背中が見える方も「伝統工芸士」です。
 全国に4000人余りしかおられない伝統工芸士の中のお二人。
 京都にはその4000人余りのうちの約四分の一がおられます。

DSC03636 - コピー


 以前にも書いたことですが、とある地方の伝統工芸士の方が実演されているところ二出くわして、話しかけたところ随分気位高く応対されて並行したことがあります。
 その場所は、中国の瀋陽でしたが、私が中国の学生と一緒だったので、日本の文化に触れる良い機会だと思って、学生二人を近くに招いたのですが「寄るな、触るな、控えおろう」という感じで学生も目を白黒させていました。

DSC03641 - コピー


 京都では、あまりに簡単に❓伝統工芸士さんと触れあうことができますし、えらそうにする方はまれで、多くの方は気さくで謙虚ですから、ついその調子で私が近づいたのがいけなかったのでしょうね。
 もう亡くなられた方ですが、伝統工芸士で京の匠で叙勲者だった職人さんが、「そう言う名前を付けてもらって偉そうにしていたらこの京都では軽蔑されるだけだよ。そういう「称号」を持たないでずっといい仕事そしているものは幾人もいるからね。仕事の難しさをみんなよく知っているから偉そうにしたら恥をかくだけだ。」と言っていました。

DSC03643 - コピー
  1. 2021/10/17(日) 00:00:03|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by  蒼樹   旅の姿は様々 | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   二人で練習   トランペット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/3784-436dc0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR