fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   絵を描く釣り竿師  その2

 「絵を描く釣り竿師」という表題は、実は、正しいとは言えません。というのもこれまでも釣り竿をつくてきたけれど、これから本職として作っていこうかと思っているというのがご本人の今現在のお考えだからです。
 竹を素材として作る「和竿」は『釣りバカ日誌』の浜ちゃんがよい竿を持ちけて幾日も幾日も、竿屋のショーウィンドゥを覗き続けたことからも、ある種の釣り人にとってはあこがれの的なのです。
 最近は琵琶湖などではバス釣りなどが盛んなようで、カーボンの釣り具が使われるようですが「釣りはフナ釣りに始まってフナ釣りに終わる」ということを言う人にとっては竹の竿が究極なのでしょう。
 そんな漆塗りの「和竿」を作られるのです。

 竿の話になると表情は一段と輝きます。
 [ 右手後ろに見えるのがこの方の絵です。色遣いが素敵です。これらの絵には具体的な景色の取材が基底にあるのだそうです。 ですから誤解を恐れずに言えば風景を見て書いているのです。]

(⇔)
 DSC06735.jpg

ここで私は今まで目にも耳にもしたことのない言葉を聞きました。
 「具象的な竿ではなくて抽象的な竿を作りたい。」
 「抽象的な竿???!!!」
みなさん、こんな言葉をご存知でしたか?
 効率的・機能的に釣ることのできる竿ではなくて、水の流れや魚と対話できる竿、釣り人の心を受け止めて宿すような竿・・などと言葉を置き換えても「抽象的な竿」の意味は表現できないようです。

 いま求めておられる竿の根元から先までの動きの様子を話してくれています。
(⇔)
DSC06736.jpg

 撮影者の私は対話の当事者でもあります。まして初対面で初めての興味深いお話をうかがうのですから、一層話の中に入り込みたいのです。でも撮影者としては当事者性を越えなければなりません。
 ここが「モデル」を撮ったり、手作り市などで「撮らせてもらう位置(立場)」から撮る時とは違うのです。

DSC06737.jpg

 人を撮る面白さと難しさのもう一つのパターンを経験しました。

 それにしてもこういう「すてきな人たち」とお会いできるのは本当に幸せなことです。

DSC06739.jpg


 
  1. 2012/03/15(木) 00:07:02|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと 「レコード曲げております」  その1 | ホーム | 素敵な人たちと   絵を画く釣り竿師?! その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/368-495c87b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (304)
人物 (1732)
絵画 (326)
陶器 (64)
染色 (19)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (78)
音楽 (756)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (88)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (79)
働く人々 (69)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (13)
美術 (11)
楽しいね (32)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR