fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   京都駅ビル・ピアノ    Ⅰ

 今日は憲法記念日です。 私は現憲法を支持しています。  

 新型コロナ対策に自公民政権や維新知事などが後手と無策で右往左往しているのにかこつけて、それを現憲法に不備があるからだとして、私権制限を強めよと改憲論を言い出す橋下氏などの動向はご都合主義で危険だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 京都駅ビルに行くと、エスカレーターを一つ上がるともうピアノの音がかすかに聞こえてきます。

 ピアノの向きが変わりました。

 まさか駅のどなたかが私のブルグを見ているわけではないでしょうから、時々こうして変えているのか、どなたかの要望が反映されたかしたのでしょう。


DSC01092 - コピー


 写真を撮る立場からすると・・・有難い。

 ただこちらから撮る時に背景がちょっとごちゃごちゃしますが。  そんな都合にまで合わせていられないのでしょう。

DSC01093 - コピー


 ただ、今は「映える写真」が撮れること、それが良いロケーションの条件ですよ~~~ということを「尻馬に乗って」いうつもりはありません、が、
 ちょっと無粋なものを無神経に置き過ぎているようには感じますね。

 様々な設備にとって不可欠のモノでも「美しく」「素敵なデザインで」という意識はイタリアやドイツに比べてずっと弱いように思います。

DSC01094 - コピー


 そう言う美しさを心で呼吸しながら子供たちは育つのですけどね。

DSC01097 - コピー



 その意味では、このピアノの下に敷いてある赤いシート一枚もとても価値があると思います。

 これでグンと音楽空間が上質、高尚になります。

 弾く人の気持ちも違うんじゃないかと思います。どうでしょう。

DSC01098 - コピー



 この方は前の順番の青年が弾いているときに手にスコアをもって待っておられました。それで「次に弾かれますか?もしご迷惑でなければ撮らせていただけませんか?」とお願いしておきました。
 無論公表を前提にしてと付け足します。
 「まあマスクもしていることだし、いいですよ。」と即座にOKしていただけました。

DSC01099 - コピー



 #京都駅ビルピアノ
 #人物写真
 #ピアノ
 #街で音楽
SDGsって最近目にしますよね。「持続可能な社会とは、『地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会。』と言われています。」という説明に出会いました。なるほど。

「●生態学的な理解ができる能力がある社会。
 ●緑の政治の目的である、環境保護、非暴力、社会正義、草の根
 に根ざした社会。
 ●持続可能性を追求する社会。」

 という説明も。

 国会中継などを見ると自民党の政治家や官僚などが胸に色相環の様なバッチを付けていますよね。
 2030年までに達成する目標が建てられていて「GOALS」のロゴデザインの「O」の部分が色相環のようになっています。これですね。

 私は自民党などの政治家たちや官僚たちがこのバッチを付けているのを見て悪い冗談なのかなと思います。

 まあ、理屈と膏薬はどこにでもつくので「持続可能な世界を築くため」に原発を再稼働、新設しますと言えるし、「持続可能な世界を築くため」に軍備拡張し、中国を包囲・孤立させて緊張を高めますとも言えるし、「持続可能な世界を築くため」に大企業のますますの成長のために消費税を20%に引き上げるとも言えるし、・・・・。

 持続可能というのは来期の決算までにはとか、次の衆院選までにはとか言うようなスパンで考える人には向かないテーマです。


 いま世界で口の端に登ってきているキーワードは「資本主義の限界」です。前回のアメリカ大統領選挙で瞠目されたことの一つはサンダース候補の大健闘です。その背後にあるのは「ゼット世代」を一つの大きな波動とした「社会主義」を意識する若い人々です。 それは旧来型のマルクス・レーニン主義的なイデオロギーと直結しているわけでもなく、ソ連や中国の「社会主義」と連なっているのでもない、「資本主義は限界だ、ではどうすればいい」から浸出してきた「持続可能な社会」構想だろうと、私は見ています。
 つまり、議論の枠組みは既に「社会システムの根本的変革」になっているのです。 

 国民投票法案の採決を狙って、改憲に執着し≒「美しい国・日本」を目指すような人々には、到底この世界的な動向を「持続可能な世界を築くため」という方向で見極め、自らの課題にすることは無理でしょう。
 役者は替わるべきです。


 SARES-Cov2についての問題意識も、同様でなければならないと思います。ですが、隙あらば「Go To」を・・と、利権と面目と支持率急回復のために、国民の命に代えてもオリパラ強行を・・と妄執しているような人たちには、それを期待することは到底期待できないことでしょう。
 
  1. 2021/05/03(月) 00:00:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   京都駅ビル・ピアノ    Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   カッコイイですねぇ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/3632-8cba21b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (320)
人物 (1775)
絵画 (341)
陶器 (67)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (229)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (81)
音楽 (768)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (94)
書 (16)
状景 (22)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR