fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   本屋の御主人  レティシア書房 Ⅰ

 小さな本屋さんである。
 Milton Ogura氏の絵画展がその本屋で開かれているので見に行った。
 高倉通りを御池通から少し上がった東側にあった。

 DSC07461 - コピー


 京都の町を徘徊するのにこの高倉通はあまり縁がなかった。それでここに本屋がることに気付いていなかった。
 店主が勧めたい本を商っている。  大規模な書店の営業形態は商売とも言えない、まして本という文化を扱う営業形態とはとても言えないとおっしゃっていた。
 
DSC07462 - コピー


 同感するところがある。

 私は・・・何度も書いてしつこいですが・・・・9月29日から写真展をします。今回は女性ばかりを取り上げます。
 そのことで幾分落ち着かなさを感じています。
 それで『ジェンダー写真論 1991-2017』(笠原美智子著)を購入しました。

DSC07463 - コピー


 今日はこの記事を書き終えたら読み始めるつもりです。

 DSC07464 - コピー


 私は多分、女性を撮るより、男性を写す方が得意だと思います。

 今日あるところで、意想外に写真を褒めていただきましたが、それは両方とも男性を撮ったモノでした。

 じゃあ、女性を撮るときと男性を撮るときで一体何が違うのだろう。そこに私のジェンダー意識の問題があるんだろうと思います。できた画面も随分違いますしね。

 DSC07467 - コピー

  1. 2020/09/19(土) 00:00:43|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   本屋の御主人  レティシア書房 Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと  by  蒼樹   ヴィオロンの・・ひたぶるにうら悲し  Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/3409-1610da58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1761)
絵画 (331)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR