fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   光の研究

 あるギャラリーを訪ねた時です。
 その建物の窓は開口部が広くて、秋の午後の陽射しが溢れていました。
 その光の散乱の中にこの人が椅子に掛けて在廊していました。

DSC06194 - コピー


 それで元来作品を見に来ているのに、私の眼は、これは「どう撮るのがいいかの眼」になってしまって・・・・。

 その光がどう作用するのかをこの人の力を借りて「研究」してみました。

 この人は会場に油絵を他の写真家などと一緒に展示している人です。

DSC06196 - コピー


 向かって左側が窓です。
 室内は白いクロスが貼られています。 ですからひかりは部屋中に回っています。
 反射光がこの人の左ほほ…向かって右側の頬にも、豊かに当たっています。
 窓からの入射光は胸元が白飛びするほどの明るさです。

DSC06200 - コピー


顔の向かって左側に髪と手のひらで影を作って右側の壁からの反射光を主体にしました。
 入ってきている光の強さは季節感を示しますので、わずかに残しています。

 顔にまだらの光が落ちると「汚い」と言って許さない「講師」がいますが、私は賛同しません。

 まあでもこういう複雑な形をした光が鼻にあるのは良いかどうか、そこは考えるべきところでしょうね。

 上の一枚より下のものの方が顔に立体感があります。

DSC06201 - コピー


 レフ板で光を当てすぎたほどの反射光があります。

DSC06204 - コピー


 こういう時にピントをきちんと当てて画面をシャープにすると目に痛い光になるような気がします。
 それで最初の一枚目が捨てられません。

DSC06206 - コピー


 よく話題になることですが、適正露出というのはどういうものなのか、これまた難題ですね。

 ピントもあっていればいいというものではなく・・・。

 でもこうすると訴求力はありますね。

 DSC06209 - コピー


 最初の写真と同じ人かなと思う位人柄が違って見えます。
 光をよむって、露出って、写真ってやはりとても難しい。

DSC06210 - コピー
  1. 2019/09/29(日) 00:00:23|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   つづれ織り   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   若者と雅楽    Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/3087-ba895f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1599)
絵画 (312)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (71)
音楽 (699)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR