FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  アート・ゾーンにて

 京都、河原町三条下がる東入る
 そこに京都造形大学のパイロット施設?「アート・ゾーン」があります。
 ここは同校の学生や先生方の作品、あるが客員のアーティストの作品を展示してきていて、何時も興味深く見せてもらってきました。

DSCF4429 - コピー


 造形大では学生たちにも積極的に街に出ることを推奨してグループ展などを町のギャラリーですることを応援してきています。
 私は大学のこの姿勢を肯定的に評価しているのですが、この施設もまた積極的なものとして評価してきました。
 ここでは単に作品を展示するだけでなく、この大学にある「アートプロデュース学科が授業の一環として運営するアート・スペースです。」(造形大)

DSCF4432 - コピー


 ですから展示方法や案内などについて授業の一環として学生が運営に深くコミットしています。
 きわめて実践的な学びの場です。
 ですから?私もそこにいる学生たちにいろいろな問題を投げかけて彼らの考えを聞いたり、対話してきました。

DSCF4433 - コピー


 それが何を思ったか、大学はこの3月でここを閉鎖してしまいます。

 どうも学校の拡張のために資金をそちらに回さねばならないからのような・・・そんな感じです。

DSCF4436 - コピー


 この男子学生は1回生で、このアートゾーンでの学びの最後の学生ということになります。
 1回生はここでの学びが必須になっていないので、この学びを経験しない学生も少なくないようです。
 惜しいことです。

DSCF4442 - コピー


 たまたま彼は何か講演か対談の音源を聞いて文章に書き起こしているようです。
 それをキーボードを使ってというのが私の世代とは違うところです。私ならやはり手書きの方が早そうです。
 彼が聞き取って書き起こした文は彼の前にある大きなモニターで同時に見られます。

DSCF4444 - コピー


 この集中力のいる作業を中断してもらっていろいろ話を聞き、また撮影をお願いしました。

 この写真には写っていませんが横に4回生がいます。もうじき卒業ですね。

 1回生の彼はこの6月にもまだ京都にいるわけですので、「音楽の祭日」参加の写真展のチラシを受け取ってもらいました。

DSCF4446 - コピー


 「音楽の祭日」のフタッフをしてみないかという話もしました。ノー・ギャラだよという話をすると、「経験できるだけでうれしいです。」と。
 この日はミュージシャンも、スタッフも、写真家も・・ノーギャラで入場無料が原則です。
 こういう「世界友愛」のためのノーギャラの取り組みについて「アートプロデュース学科」学生として興味津々のようでした。。

DSCF4448 - コピー


 学生の伸び伸びとした好奇心と成長への意欲はすがすがしいものです。

DSCF4451 - コピー
  1. 2019/03/24(日) 00:00:54|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<素敵な人たちと  by 蒼樹    中国琵琶の調べ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹   春の 麗の    Ⅱ>>

コメント

こんにちは、撮影していただいたお写真、ブログ拝見しました!とっても良い写真ですね〜。

6月の清水寺、楽しみにしてます。
またお会いできると嬉しいです。
  1. 2019/04/01(月) 13:33:57 |
  2. URL |
  3. アートゾーン学生 #-
  4. [ 編集 ]

アートゾーン学生 さんへ

ブログを見ていただきありがとうございます。
またあの時は撮らせていただきありがとうございます。

6月はご都合が付けば是非いらしてください。 そしてぜひ声をかけてくださいね。

  1. 2019/04/04(木) 18:10:01 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2903-78fbb12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (149)
人物 (1226)
絵画 (250)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (146)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (196)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (374)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (12)
状景 (16)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (55)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR