FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    京友禅  

 京友禅です。
 図柄の輪郭は糊で防染されています。糊の主原料は米です。

DSC06244 - コピー


 天井にある室内照明用の灯りが黄色いので「ホワイトバランス」の調整が難しいです。
 しかもそこに背後から自然光が射しこんでいますから、室内灯に合わせ切ると背景がぐんと冷たい青になります。
 フォワイトバランスについては誰かに教えてもらわないとダメのようです。

DSC06255 - コピー


 今度若いカメラマンに教えてもらいましょう。

 ただこうして色かぶりをしているのですから染料の色調整にも影響が出るのではないかと心配します。
 手元の明るさは十分なんでしょうか。

DSC06260 - コピー


 京都や金沢など伝統工芸の盛んな府県でない場合だったら「伝統工芸士」に認定されるほどの人なら、下にも置かない待遇をされるんじゃないかと思います。が、ここでは予想外に粗雑な扱いです。・・・・あまりにも厚遇すると考え違いをする人が出てくるかもしれませんが、というようなことではないと思います・・・・

DSC06261 - コピー

 
 先日、 型紙彫刻師で京の名工であり、伝統工芸士だった和田 則昭さんが亡くなられたと奥様からお知らせがありました。
 型染め友禅の型を彫っておられたのですが、その先行きに見切りをつけて、その技術を生かして新たに「型紙彫刻師」の道を切り開いてきた方です。
 昭和15年のお生まれでした。享年78歳。早い死でした。
 夏前にお会いした時には肌つやもよく「昼でも一緒に食べよう。」と誘っていただいていたのに・・・・・。
 和田さんをネット上で検索していただくと紹介記事が出てきますが、そこには私が撮らせてもらった写真が使われています。気に入っていただいたものです。

 和田さんをはじめとして京都の職人さんたちには温かく迎えていただいてきました。
 ほとんどの方が快く写真を撮らせてくれました。


 さて、この方がお使いのモノは片歯刷毛というものです。 斜めにカットされた刷毛の先の片方に染料を、反対の端に水を含ませてぼかしたり、グラデーションの表現をするものです。
 斜めに切った鋭角の方を使えば、糊をおいた鋭角の線の隅にまで神経の行き届いた色のさし方ができます。

DSC06262 - コピー


 翻訳機があったらなあとおっしゃっていました。
 観光で来られる外国の方もかなり専門的な興味を持たれる方がいます。
 お互いにもどかしい気持ちですね。
 せっかくこうして伝統工芸士が実演をしているのに、それを本格的に生かそうとしていない施設の姿勢・京都市の姿勢。

DSC06266 - コピー


 最初に和田さんにお会いしたのはこの階の下にあるトイレを出て来た処、狭い通路の前でした。
 そこはここよりも暗くて冷たい感じの場所でした。
 私が、職人さんをこんな風に遇するような京都の文化では観光客がいくら押し寄せてきてお金を落としていったとしても京都は滅ぶと勝手に腹を立てて嘆くのを、まあまあと言いながらいろいろなお話を聞かせていただいた日を思い出します。
 
 DSC06268 - コピー


 私にできることはこうして職人さんを注目することぐらいしかないなあと思いながらこの日もレリーズしていました。

DSC06273 - コピー
  1. 2018/12/04(火) 00:00:07|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   一緒に写真しましょ!  Ⅵ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   街の木工工場   Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2788-b4bf3bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (135)
人物 (1135)
絵画 (232)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (134)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (188)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (324)
瀋陽 (68)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (47)
書 (10)
状景 (12)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (52)
働く人々 (29)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR