FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   ある人   Ⅰ

 ある人はある人であってある人ではないと・・・

 あるギャラリーのスタッフさんです。
 もう半年余りもお務めですから、一度や二度お目にかかっているはずだし、レセプションにもおられたというからきっとお顔を見ているはずなのに、スタッフとして認識がなかったのです。

DSC05429 - コピー


 それには多分いくつかの理由があるのでしょう。
 私がこのギャラリーの全スタッフを顔見知っていると思い込んでいたこと。多分それが一番大きい原因だと思います。
 それで若い作家さん、絵を見に来たお客さんなど勝手に意識に中で振り分けて、いたのでしょう。

DSC05431 - コピー


 「何か特に気になる作品はありましたか?」と尋ねられた時にも、まだそうだとは気づきませんでしたが、「絵についてよりもキャプションの中にある言葉の方が気になりました。」とお答えして、「どんなことでしょう。」とやり取りをした後で、自己紹介をしていただいて、それと知りました。
 
DSC05442 - コピー


 それから、いろいろなことを語りあいました。
 ご本人がちょうどいろいろな点で節目を迎えて問題意識が高まっておられたからでしょう。とてもレスポンスが良くて意識が高いとお見受けいたしました。

 DSC05446 - コピー


 たまたまここに来る前にあるギャラリーで同世代の女性画家と、・・・その方が描いているのが抽象画であったこともあって…色々と抽象画についてお話をしてきたばかりだったこともあり、日頃考えていることをここにある場作家たちのキャプションを手掛かりに考えを交換するjことができました。

DSC05447 - コピー


 若い方が相手だと、私と同世代以上の多くを経験してきた作家を相手にした時と同じようには、安心して話せないこともあります。
若い作家の自意識や自負心をいたずらに傷つけるのは本意ではありませんし、相手の評価を受け入れる気持ちを損ねてしまって、議論がかみ合いにくくなります。レディネスを見計らって評価・評論するのでなくては、作家を支援することにはなりませんね。
 弱点を指摘し、失敗をあげつらって…主観的には発奮を期待しているとかいうのですが・・・相手の意識にダメージを与えて指導とか、評価とかいっているスポーツ指導者や学校教師が多いことは、よく話題になっています。
 テニスの大阪選手のコーチが注目されるゆえんです。
 上から目線で否定的側面だけをあげつらって断じても人を育てることにはなりません。自分が気持ちがいいだけです。
 私がギャラリー巡りをしながら自戒しているところです。

DSC05448 - コピー


 その点この人はよくよくいろいろなことを主体的に見つめなおし考え直しながら前進してきた人のようで、共感するところが多かったのです。

DSC05450 - コピー

再論

安倍自公維権は武器無きクーデターを狙っているのではないかとさえ見える。
 元防衛相を総括質問者としてたてるなんて言うのは国民に対し、立憲制、議会制民主主義に対して真っ向から挑戦しようとするものに他ならない。

 「十七条憲法」を近代法の枠に入れて考えるなどとは法学部出身とも司法試験合格者とも思えない。逆にこういうでたらめを国会で言えてしまう位自民党は暴走妄走迷走していると言える

 「三に曰わく、詔を承けては必ず謹め。君をば則ち天とし、臣をば則ち地とす。天覆い地載せて四時)順行し、万気通うことを得。地、天を覆わんと欲するときは、則ち壊るることを致さむのみ。ここをもって、君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに、詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。」   「承詔必謹」こそ朝廷に仕える臣(貴族役人)の務めだというのが趣旨で、天皇を中心とした中央集権体制を主張し、それまで分散割拠していた有力豪族に対して大和の天皇勢力に「逆らうな」と諭しているのがこの「憲法」の趣旨なのだ。 「和をもって貴しとなせ」もそういう文脈において読まれるべきものである。ここでいう「臣」も大日本帝国憲法に定められていた「臣民の権利及び義務」にいう「臣≒国民」とも質が全く違う。
 (しかもこの時は「篤く三法を敬え」「三法とは仏法僧なり」として仏教国教化を図っている。それで靖国神社や伊勢神宮に顔向けできるんですか、稲田さん。)

 明治150年はおろか、平安建都1200年はおろか、遥か悠久の昔から今日まで天皇中心の御代が続くという国体観なのだ。彼女の頭の中は神武討征以来、国体は不変不滅観念で固まっているのだろう。そういう手合いが国会で与党を代表して総括質問している姿はあまりにも悲惨だ。
  1. 2018/10/31(水) 00:00:07|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   ある人   Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   鴨川で  二人のボーカル   Ⅳ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2754-c2af62a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (135)
人物 (1135)
絵画 (232)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (134)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (188)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (324)
瀋陽 (68)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (47)
書 (10)
状景 (12)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (52)
働く人々 (29)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR