FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   若手金彩職人   Ⅱ

 「日本に京都があって良かった。」
 一面では、私も本当にそう思います。  が、今やそんな呑気なことを言っている場合ではないのです。
 
 ここではその京都自身が蛸が自身の足を食うように食い散らかしてぼろぼろになりかかっているというような問題は置きましょう。

 もはや京都は風前の灯火なのです。少なくとも伝統工芸の大半の分野でそう言えるのじゃないでしょうか。

DSC05143 - コピー


 こういう仕事もインクジェットプリンター、三次元プリンターで済ますことのできる時代です。
 そういう機器を使えば、過去の意匠であろうと、その色違いバージョンであろうと、何でもできます。なまじ手作業では線に細い太いが微妙にできてしまうのを同じ幅でどこまでも揺らぐことなく引けます。さらにまたお望みなら適度に揺らぐようにも引けるでしょう。
 金線の盛り上げだって三次元でできます。

DSC05146 - コピー


 それで、コストだって引き下げることができるでしょう。

 ただ、でも肝心の需要がそれで増えるかどうか、難しいところですが。  

DSC05155 - コピー


 私は全別の視角から、人間というものがどれだけ素晴らしい可能性を持っているのか、それを見ることができなくなることを憂います。
 もやは実用ではなくて工芸、芸術としてしか残る道はないのでしょうか。
 ただ、こういうものは元来実用のものであったから高度化してきたので、それがただ単なる鑑賞用になれば果たしてその到達は維持もできないのではないかとも思います・・・。

DSC05158 - コピー



 伝統工芸存続は大きな、複雑な問題です。

DSC05159 - コピー


 京都に観光客が毎年1000万人以上来ていることを喜んでいますが、果たしてそれをいつまで続けることができるのか。
 職人のいない伝統工芸は存続しうるのか。

 職人がいなければ、それはそれで代替する機械ですればいい。これまでの職人の仕事を解析してAI技術で再現し、あるいは新なものを作っていけばいいのだとも。何事もそういうものだと割り切る声もありますが。

DSC05161 - コピー


 日本は豊かになってきているのでしょうか。

DSC05166 - コピー


  1. 2018/10/22(月) 00:00:30|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹  「秋深しの微笑」  Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   若手金彩職人   Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2744-53932814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (135)
人物 (1135)
絵画 (232)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (134)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (188)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (324)
瀋陽 (68)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (47)
書 (10)
状景 (12)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (52)
働く人々 (29)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR