FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   何たる幸運・青天の霹靂     Ⅰ

 私の写真活動は、そもそもが偶然に任せたものです。ですから、ほとんどのケースが、それ自体「何たる幸運」ですから、その意味ではこれまでと、その本質においてなんら変わることはないのですが・・・・。

 この方に出会って、この方の写真を撮ることになって、撮りました。 ・・・・この文章、おかしいでしょ?!

DSCF2061 - コピー


 あるギャラリーに行って「西風のグラフィックス 3   -関西をベースに活躍する15名の作家による版画展- 自由の気風にあふれた関西は独自の版画文化を育んできました。 […]」と紹介されている作品展を覗きました。

以下その時のことをいくら脚色して・・・・。

 4階から3階に降りて、奥の展示スペースに向かおうとすると、丁度その時に
 少し年かさの女性(A)が、若い女性・池田有希さんを促して同じように展示会場に入ろうとするところでした。

DSCF2062 - コピー


 ちょうど私と同じタイミングになりましたから・・・・前からの流れは分かりませんが・・・お二人の話が耳に飛び込んできました。
 「ミス云々」「写真を撮りましょう。」

 AさんがスマフォでIさんを撮ろうという事らしいのです。
 Iさんは別の知り合いで、この会場に作品を出している方を訪ねてきたらしいのですが、その方がおられなくてAさんといろいろお話をしていて、どうやら、その知人の作品の前でとるという、そういう事になったらしいのです。

DSCF2063 - コピー


 すると、何を思われたのか、今ここでたまたま一緒になっただけの私に「写真撮りましょう。」と声をかけられたのです。
 私は「写真を撮る」ということであれば、当然私が撮影の側だとしか考えないわけですが、その呼びかけに?????でした。何故私が写真を撮りたがっている人間だということをご存じなんだろう?

DSCF2065 - コピー


 どうもそうではなくて、若い方のIさんが準ミス日本になったことがある方で、ご覧のようにきれいな方だから「(あなた、横に立って写真に写りたいでしょ? 撮ってあげますよ。」という事らしいのです。
 どうも御婦人方は、男というものは美女に近づきたがって、ましてツーショットの写真に納まる機会があれば喜んで入るだろうと思うものらしいのです。

DSCF2068 - コピー (2)


 ところが私の場合には撮りたい症候群に罹患しているというか、撮影依存症というか、そういうものですから、「いえ、どちらかというと撮る方なんで・・・」と後ずさりして・・・。

DSCF2070 - コピー (2)

 
 それで作家さんはいろいろ作品発表の場を意識しているわけでしょうから、「何かされるんですか?」と。
 それで「個展をしたり…来年は清水寺で・・・」とウソの無い範囲で・・・「清水寺でやるからというと大層に聞こえますが、僕がいい写真を撮るからそこでできることになったわけけではなくて、行きがかり、流れでそうなっただけですから・・・」と誤解の無いように補足して・・・・。

DSCF2073 - コピー (2)


 池田さんの背景の絵は、私が池田さんを撮ることになるきっかけを作てくれた作家さんの作品で、その前での撮影を許していただけました。


 
  1. 2018/09/29(土) 00:00:52|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   何たる幸運・青天の霹靂     Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   音楽について ・・愛聴家ということ    Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2721-773d02fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (135)
人物 (1135)
絵画 (232)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (134)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (188)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (324)
瀋陽 (68)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (47)
書 (10)
状景 (12)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (52)
働く人々 (29)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR