fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  SILK ROAD VOYAGES

以前に東寺の「弘法さん」の市で、絨毯を販売していたKevin Lucasさんと奥さんを撮らせていただきました。二人の仲の良さが実によく表れた写真が撮れてかなり気にいっていたし、お二人にも喜んでもらえると思っていたのに、ハードディスクの故障でこれもまた失われてしまいました。
 そのためにお詫びかたがた「もう一度・・」とお願いしていた。それが、天候が悪かったりしてなかなか思うように事が運ばなかったのですが・・。

(⇔)
silk road voyages (13)

 アフガニスタンの絨毯を販売というので関心を持って近づいたのでした。現に今アメリカ軍の介入で悲惨な状況があるのによくぞこうして・・・。しかもそこには外国人の男性が・・??? ところがその顔立ちはアフガニスタン人ではないのじゃない?! 
 そこで話しかけると見事な日本語で「私はイギリス人です。今は治安が悪くて買い付けに行けませんので現地の友人が送ってきます。アフガニスタンだけでなくその近隣国のものもあります。」と説明してくれました。
 彼の細君は日本人なのですが「私は彼女に出会えたのが一番のラッキー。」と自慢する仲のよさです。
 たいてい彼が跪いて奥さんが立っている図です。前に撮った写真にはそれが幾枚もあったのですが、お見せできなくて残念です。
 お店の名前は「SILK ROAD VOYAGES」
 私は上の写真の右端に写っている赤いじゅうたんがお気に入りなのですが。

silk road voyages (5)

 英国人ですがさほど長身というわけではありません。でもお客さんとの応対はこうして膝をついて目線を低くして話を聞きます。

silk road voyages (15)

 この日は天気がよすぎて背景の赤いじゅうたんの色を出そうとすると彼の顔が飛び、彼の白い顔に露出を合わせると絨毯が黒ずんでしまうという状態でした。
 しかもじゅうたんの色や毛足ををよく見てもらうためでしょう。テントの屋根は張ってありません。

silk road voyages (20)

 こうした手織のものは一般に高価なものが多いのですが、ここでは後ろに架けられているものが6万円余りです。この価格はどうなんでしょうか。私はこうしたことにも知識が乏しいのでよくわかりません。リーズナブルなようにも思うのですが。
 英語圏のお客さんが、京都に観光に来て東寺や北野天満宮の「市」に碧眼紅毛(紅毛というほどではありませんが)の西洋人がモノ売りをしているのを認めて物珍しそうに近づいてきます。

silk road voyages
  1. 2011/12/07(水) 00:01:28|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<素敵な人たちと  靴職人・三上さん | ホーム | 素敵な人たちと   森の住人達  その2>>

コメント

おはようございます。

だれかのお顔がのぞくお写真を写すことに抵抗を感じてましたが
こちらのブログを見させていただいて ホッとしてみてる自分がいます。
人のお顔ってやさしいなあと思います。

普段は風景を写すのですが 家族限定で人を写しこみます。
それだけでその時の風景がより想いに残るので 人って温かいのだと思います。。。

また遊びにこさせてください。soujyuさんの写される世界がとても好きです。
sakuraより
  1. 2011/12/07(水) 07:33:59 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集 ]

どうぞ、いつでも大歓迎です。

 「sakura」さんのブログを見ていていつもこの方はやさしい思いやりのある言葉づかいをされる方だなあと思っていました。
 その方から好意的な評価をいただいてとてもうれしく思います。
 
 「人を撮る」ことについては撮る方にも撮られる方にも、ある種の心理的なハードルがあると思います。・・倫理的な、また法的なハードルはもちろんですが・・
 でも「あなたを撮りたいです」というのは・・・こちらの一方的な勝手な思い込みだとしても・・敬意や好意の現れであることが多いと思います。その方への肯定的評価がなければ、そんな思いは生じませんよね。その好意を受け止めてくれる人柄をもったかたは必ずおられますし、「ちゃんと写真を撮ってほしい」と思われている方もおられます。
 「sakura」さんのような配慮のある方ならきっと「写して」という方が少なくないと思います。是非「人を撮」ってみてください。 心が温まりますよ。
 

  1. 2011/12/07(水) 17:20:43 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/267-907fb0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (312)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (699)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR