fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  仏像を彫る   Ⅱ

 連日の酷暑というか烈暑というか・・・・お見舞い申し上げます。
 「暑い暑い」と口にしたからって涼しくなるということもないのですが、せめて言わせて・・という感じですかね。

 それにしてもこうして暑い街中をみんなでクーラーの室外機を使ってさらにさらに熱くしている皮肉な現実。これを暑いんだから仕方がないじゃん、、熱中症を避けるためだという位のところで思考停止していると、本当に人類が住めない地球になってしまいそうだ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 素晴らしい写真、いい写真はカメラの中にではなく、その外にある。
 

DSC02486 - コピー


「2018JPS展(関西)」が7月10日から15日まで京都市美術館別館で開かれていました。
見に行ってきました。

DSC02487 - コピー


 会館の前にポスターがあって、「写真の著作権が分かれば肖像権なんか怖くない!」とあってアサヒカメラの編集長やら弁護士やらJPSの著作権担当理事やらの講演があると告知していました。
 人物写真を撮ることが難しくなっていて、このままでいいのかということがいろいろ議論されているようだということを薄々感じていました。

DSC02488 - コピー


 が、たとえ問題関心を刺激して、聞いてもらおうという「策」だとしても、こんな「写真の著作権が分かれば肖像権なんか怖くない!」というような文言をJPSとかここに講演者として出ているような人たちが見逃しているようでは、事態の悪化こそ予想されても少しも良くならないなあと思いました。
 写真家たちが写真家たちの首を絞めている、と私は思いました。

DSC02489 - コピー

 「著作権」を振りかざし、人の人権を蹴散らかすような勢いです。
 肖像権「なんか」とは一体どういうことか。 鉄道写真を撮る人や人物写真を撮る人のマナーの悪さ、傍若無人ぶりが話題になっている現状があります。そんなときに、それを対して批判する側が持ち出すものの一つに「肖像権」があります。が、それに向かって「肖像権『なんか』怖くない」から「著作権を掲げて突き進めというのはバーバリズムそのものです。

DSC02490 - コピー


 いや、これはあくまでコピーの上での表現ですからというかもしれないが、写真表現の中核を担うような組織が「表現」の重みを軽く見てはいけません。

DSC02496 - コピー


 JPSの関係者がおられましたので、その場で問題点を指摘させていただきました。丁寧に耳を傾けていただき、伝えますとおっしゃってもいただきました。
 私は「肖像権」が過剰に膨満して、権利の横紙破り的なふるまいを苦々しく思っている者の一人です。しかし、公安や警察が人々の肖像をみだりに撮影して集めていたり防犯カメラが無造作に増やされどこでどのような管理がなされているのかあいまいな現状があります。インスタグラムにしても、このブログにしても多くの肖像が出ていますが、それがビッグデータとして私的企業に売り渡されて勝手に使われることがまかり通っている事態があると指摘もされています。又興味本位での週刊誌的写真撮影や写真愛好者の振る舞いがあちこちに溢れている現状を見て、それに対して「肖像権」を振りかざすのは無力な市民のかろうじての武器です。
 そういう事態に対してJPCがどう立ち向かい行動しているのかこそが問題とされねばならないと思います。
 そのうえで、しかしながら人の生活や人そのものを撮る写真には価値があるとして、それがあまりに委縮させられる現状に対して何とかしようという気持ちは私もまた共有しています。人々の自己意識の過剰な膨満やいらだちにメスを入れ、また人々の人権を損ねない境界がどこにあるのか撮るもの、撮られるもの相互からの検討を粘り強く進めていく必要があると思います。

 だからこそ間違っても「肖像権」を持ち出す人をクレーマー扱いしてはならないし、撮る側の立場から蹴散らすような言動は厳に慎むべきと、普段もっぱら人物写真を撮ってきている私は思います。
この災害では民主党政権が公共事業を悪者視して、事業をなおざりにした付けが出たなどと責任転嫁をするような自公政権に任せていてはミサイルが飛んでくる前に何人もの人々が命を失い財産を失い、安寧な生活、働き場・営業を失う。
 民主党政権3年の付けを取り戻すのに5年の安倍政権では足りなかったなどというつもりだろうか。

 言葉の言い逃れ、いい繕いだけに終始する安倍自公政権には何も期待できない。

  1. 2018/07/16(月) 00:00:07|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹    愛石家・ライター・美術家    Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと  by 蒼樹  仏像を彫る   Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2654-0f74f319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR