fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  田邊慈玄さん

 哲学の道の秋を撮りに行こうとして、ギャラリーを見つけました。川沿いに柿の実がたわわな樹がありましたので近づくと、そこにギャラリーがありました。このギャラリーは安楽寺が運営するもので「花いろ」といいます。お寺や教会が保育園や駐車場を経営するのはよく見かけますが・・・。
 安楽寺といえば宮中女官の松虫、鈴虫の姉妹が浄土宗にこころを奪われて御所を抜け出して出家し剃髪してしまい、それを知った後鳥羽上皇が激怒して法念をはじめとする浄土宗の主だった者に厳しい弾圧を加えた事件を思い出します。松虫、鈴虫に法を説いたのが安楽寺の僧住蓮、安楽だったのじゃなかったかなあ。
 このギャラリーで個展を開いていたのが田邊慈玄さんです。
 
 田邊さんの以前の個展の紹介文章に「日本人が受け継いできた共有財産である、日本の伝統美術、文様の美を、画法や形にとらわれることなく、あらゆる組み合わせと実験的なテーマで、新たなものを生み出す。」とありました。
 絵を見て「着物の図案?!」と思いましたが、和布団の図案だそうです。いえ、和布団の図案だけでなく大きいものは屏風絵からポストカードほどのもの描かれています。

 若いころはイラストレーターとして活躍され、たくさんの仕事とある程度の収入にも恵まれたんだそうです。が、忙しすぎ、自発性の見えなくなってきた仕事に倦むようになり、職場を離れて外国に出て学び、そこで転機を迎えられたとのこと。

背後の絵はたくさんの雀たちです。田邊さんは富山市にお住まいで、庭に来る雀たちとのことです。

田邊慈玄氏

友禅の職人さんたちの仕事にもお詳しくて、「とても高度な仕事をしている職人の仕事が報われていない。」ことを・・・田邊さん自身はキャリアをつまれ寺院の襖絵を依頼されるなどすでに地位を確立していますが・・・我がこととして受け止めておられました。

田邊慈玄氏 (2)

 技術を軽視しないで積み重ねることも強調しておられました。

田邊慈玄氏 (3)

 昨年、安楽寺で開かれた展示会のハガキをいただきましたが、そこには狩野派のような襖絵が見えます。田邊さんの作品です。

 一輪ざしのような水仙の花も描けば、迫力のある竜の絵も描くといった風に自由に題材を選び手法も多様です。

田邊慈玄氏 (4)

 住所も記帳してきましたので、次の個展も見逃さずに済みそうです。

田邊慈玄氏 (7)

  1. 2011/11/20(日) 00:01:15|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと  マンガミュージアム・似顔絵 その1 | ホーム | 素敵な人たちと  似顔絵画家たち  その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/250-57c9c076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1599)
絵画 (312)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (71)
音楽 (699)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR