fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by  帯下絵作家    Ⅰ

 帯の金彩をされています・・・・と言っていいのかなあ。
 この部分が背中側にきます。「お太鼓」になります。


 DSC05451 - コピー


 前面に銀箔が張られていて、金や色物の箔も貼られ、螺鈿の貝も見えます。

 これ自体を表そうして飾るのかとお尋ねすると、これは帯だという事でした。
 

DSC05452 - コピー



 つまりこれは「引き箔」の制作途中だという事です。

 「引き箔」とは、
 きもの用語大全によれば「金箔糸を緯糸に織り込んだもので、平金箔ともいいます。24金あるいは銀をごく薄くのばし、和紙に貼ってから細く裁断して作られます。地はかさばらず平坦ですが、金の光沢が豪華な印象となるため、主に改まった装いに用います。引箔だけで文様を表した帯や、他の技法を併用して引箔の地に色糸で文様を織り表したものもあります。」

DSC05459 - コピー


 今、和紙の上に箔を押し、最後に柄を囲むようにノリを置いて、さらにそこに箔を貼り付けようとしているのです。
 その糊は、細いかまぼこ状の凸様に置かれますが、その糊がある程度乾いてその形を維持しつつ、粘着性を保った状態で、箔をやさしく押し当てていきます。
 全体が平面的ですから、その部分のふくらみが奥行きと輝きを与えて、なお一層豪華さを増します。

DSC05463 - コピー



そして、こうして細工された和紙を幅1ミリ程度に裁断したモノを横糸として、経糸に織り込むという訳です。
織りこむときに、その和紙がねじれたりしては目立ちますし、常に平らに織り込まれるようにしなくてはなりませんから、大変高度な技術を必要とします。
一応の完成しても、時にそうしたねじれなどが残りますから、そういうものは「かけつぎ」の職人さんが細心の注意を払ってその針ののお腹を当てながらねじれを修正します。

そういう訳で帯が仕上がるまでに大変な量力と高い技術が注ぎ込まれるわけです。

DSC05465 - コピー
  1. 2018/01/30(火) 00:00:56|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by  帯下絵作家    Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと    by 蒼樹    豆大福     Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2482-bfdc4f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1761)
絵画 (330)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR