素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹    綴れ織り   Ⅱ

 漫然と見ていると杼が舞うように右へ左へと移されます。
 そのたびに鮮やかない糸が模様へと変わります。
 それを凝視していても一つ一つの動作をなかなか見極めることができません。

DSC01732 - コピー



 そこを助けくれるのがカメラでしょうか。

 この「杼」という道具も機能美の典型のような形をしています。

DSC01735 - コピー


 ただ「美しく」作られているというのではなくて、使い込まれたからこそ備わった美というものも感じます。

DSC01718 - コピー


 調理人の包丁・ナイフが研ぎに研ぎこまれて元の形からはずいぶん違った姿になているのを見るときも、道具は使われてこそだなあと思います。
 だからこそ野元さんもこの「機」を取り出して息を吹き込んでやっているのでしょう。

DSC01716 - コピー


糸の張られていない「機」は機とは言えないですすよね。

カメラもまたフィルムが装てんされシャターが切られなくてはカメラとは言えないでしょう。

DSC01717 - コピー


・・・・・そうかといって「切らねば」刀と言えないから、ミサイルを発射し、機関砲を打って、破壊しなくては戦闘機とは言えないからと言って「実用」されては困りますが・・・・。

DSC01721 - コピー


 公開実演の場ではありますが、私はこうした方々から多くを学ばせていただいています。

安倍氏におよれば日本の法学者の中で自衛隊が合憲だという憲法学者は2割しかいないのだそうです。
もっと少ないのじゃないかと思いますが、それで彼はだから自衛隊が合憲となるように憲法に自衛隊を認める条項を書き入れなくてはならないというのです。
彼は自衛隊を違憲の存在だとしっかり疑問の余地なく認めています。
歴代の自民党政府はその違憲の自衛隊を無理やりに存在・拡大させ、あまつさえ米軍の腰ぎんちゃく的軍隊に育ててきたのです。
これは明確に違憲です。
違憲のものは憲法に反するのですから「リセット」するのが筋です。そうでしょ?!小池さん。(因みに小池氏の言う『日本をリセットする』というのは日本国憲法体制をリセットするという意味であり安倍自民党の美しい日本を取り戻すというのと同じ趣旨です。)
その自衛隊が海外で米軍と一緒になって戦闘することができる法律の束である安全保障法=戦争法が違憲であることは言うまでもないことです。言うまでもないことだからまともな国会論議で成立させることができないので内閣による「解釈改憲」という憲法違反行為や強行採決という違憲のやり方で法制定をしたのです。憲法学者の圧倒的多数が戦争法を違憲と行っているその目の前で。
つまり自民党・公明党そして維新は憲法など守る気はさらさらないという事なんですね。
近代国家の成り立ちである立憲主義・法の支配を根底から覆す政治姿勢に立つのが彼らだという事です。
民主主義とはかけ離れた政治勢力であるという事です。

自衛隊は私論・私益に基づいた存在で憲法的な意味で合法的なものではないということは明白です。
それは安倍晋三君も認めているところです。私が言っているのではありません。

それを憲法に書き加えるという事は憲法は自家撞着により憲法は憤死してしまいます。
  1. 2017/10/09(月) 00:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   ガラス球の中の「水」中世界   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   綴れ織り     Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2365-c4dbbaff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (118)
人物 (987)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (130)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (161)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (230)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (30)
書 (7)
状景 (8)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (43)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR