素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   提灯づくり   Ⅰ

 夏と言えば夏祭り。祭りと言えば夜店・・・いやいや家々の軒先につるされた提灯も忘れがたい。
 提灯と言えば「ちょっと寄ってく?」の居酒屋・・・・。

 京都は神社仏閣もあれば芸舞妓の茶屋もあり、また繁華街にはたくさんの料亭に飲み屋。そしてそこに欠かせないのが提灯。

 ずっと以前から気になっていたのです。この建物。

DSC09486 - コピー


 私のギャラリー巡りのコースのすぐ脇に見えていたのです。時にはその前を通ることも。

 で、意を決して建物に足を踏み入れ「見学させてもらっていいですか?」
 「どうぞ どうぞ。」

DSC09469 - コピー


 そこには溢れんばかりの提灯。
 各方面からの御用の提灯だらけです。
 
 提灯に字を書くのは難しそうです。何しろ表面は平らではなく、竹ひごによる山と谷があります。
 そこでは微妙な力加減が必要なはずです。


DSC09477 - コピー



 「いわゆる書道の字の上手さとは違いますから。」
 やはりそこに職人の手わざがりあります。
 しかも提灯は上下がすぼまっています。中ほどの字の大きさとその上下の字の大きさやバランスはうまく調整しなくてはなりません。
 一字の中にも下から見上げるときの視覚効果が計算されています。


DSC09471 - コピー


 例の左甚五郎の昇り龍ですね。
 上に登っていく龍の頭は大きく尻尾は細く。 

DSC09478 - コピー


 平面に書くのではなくて立体に書くのですから、例えば正面から見た時に側面に回り込む線はどう書くか。これまた不用意に書けばバランスが取れません。
 かといって側面をに回り込んだ部分を極端な書き方をすれば、人がその側に回ってみた時に字体の均衡がとれなくなります。


DSC09473 - コピー


 暗くなれば提灯は中に明かりがあって光の透過によって見ます。不注意な筆の重なりがあれば字の線(面)に色ムラができてしまいます。
 不用意に絵の具を注ぎ足せません。十分注意をしなくては重ねて塗ることもできません。
 なんて難しいことでしょう。


DSC09474 - コピー





 
  1. 2017/07/08(土) 00:00:49|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   提灯づくり  Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   大阪からカメラ女子 Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2269-5c19271d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (118)
人物 (974)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (157)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (229)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (26)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (40)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR