素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   仲良し散歩   Ⅰ

 若いお二人にとって京都市内の観光地は決してお馴染みの場所ではありません。(学生時代を京都で過ごした私もそうでした。)
 ときおり河原町や四条通りを歩くとしても、買い物も大阪が多いといっています。

 そんなお二人と散歩します。

 まずは古川町商店街です。

 今日の散歩するにあたっての注意事項を確認して。

DSC07511 - コピー


 この辺りも外国人向けの宿泊施設が増えています。
 そしてその人たち向けにお店が入れ替わって、昔からの商店との交替が見られます。
 それでも残された商店こそがまさに古川町商店街の雰囲気を保っているのです。

 こういうところにオシャレに改装したお店を出してしまうことの是非は検討されるべきでしょうね。

 若いお二人も同意見でした。

IMG_8284 - コピー



 それでもシャター街になるよりはましですかね。

DSCF0693 - コピー


 お二人は女優さん志望のお友達同士です。
 年はお二人の年を合わせても私のそれにはるかに遥かに届きません。それくらいお若いです。
 で、元気溌剌ですし明るくて気持ちがいいです。

 お二人はそれぞれオシャレにはかなり気を配っているようです。
 さすがです。
 
DSC07546 - コピー


 歩きながら一人ずつの写真をたくさん撮りましたが、
 
 
DSC07682 - コピー


 撮影をしていると須賀神社の祭礼の行列が通ります。
 初めは太鼓の音がして、何事やらんと道路の先を眺めていたのですが、やがて鉾やら神輿やら、思いのほか多くの人の行列です。


DSC07693 - コピー



二人は興味深そうにながめていて、少々興奮気味。
そこがまた若々しくていいですね。

DSC07699 - コピー


安部自公+維新政権の下で、法治主義・立憲民主制の外観はあってもその内実は20世紀的アジア的専制とほとんど変わらないようになってしまった。共謀罪は参院法務委員会の裁決を待たずに本会議採決という異常な姿になった。
維新など単なる安倍応援団に堕し、ただただ政権すり寄りと自己利益追求の政治ゴロ集団となっている。公明など中央と東京のねじれを見れば原理原則無しの日和見政治団体だという以外にない。
NHKは「共謀罪の構成要件を改めて」という長々しい枕詞を「テロ等準備罪」の上にくっつけて安倍政権の印象操作の片棒を担ぐなど目を覆いたくなるほど国営放送に転落している。
共謀罪成立で検察・警察・裁判所は既に進行している異常な捜査・取り締まりを今度は法律の「根拠」をもって公然とやってくる。

共謀罪の成立によって、日本の国民主権・民主主義は新たな闇の段階に入ってしまう。
これからは如何に共謀罪の執行を押し返すかだ。個々の場で人権侵害を許さない粘り強い抵抗が必要になる。

NHKが皮肉にも宮武外骨を持ち出して、宮武は幾度も言論弾圧をうけ投獄もされたが屈せず言うべきことを言い続けた人として紹介していた。
国民に対して事態は悪くなったが国民にはそういう道があると示したのだとすれば共謀罪成立の援護射撃をしてきたNHKの悪い冗談か、あるいは職員の中のかすかに残る良心の現れなのか。

いずれにしても民主主義を擁護する人々にとって諦めるという道はないので、我々は又しっかり前を見て言いたいことは権力を恐れずに発言することにしよう。
  1. 2017/06/15(木) 00:00:13|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   仲良し散歩   Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと   by 水ぬるむ春が来て    Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2245-bff4a2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (118)
人物 (974)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (155)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (229)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (26)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (37)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR