fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   ヴァイオリニスト + ピアニスト  Ⅱ

 リハーサルですから、曲のすべてを通して演奏することはなくて、前の演奏会で気になっているところを再確認したり、調整したりという事です。

DSCF2533 - コピー


 で、一旦演奏を止めて、こうかな、それとも・・・・と弾きなおされるのですが、そのたびに音・調べの色が変わります。
 ぐんと生き生きしていきます。
 「気持ちとしてひっかかったところをやり直すのですから、そうですね、変わりますね。」

DSCF2569 - コピー


 私よりずっと若い世代ですから・・・いわば脂の乗り切った、それでいてまだ全然枯れない・・・・人生の実りの時期です。
 聞いていて実に気持ちがいいです。

 その演奏への取り組みを撮れるというのはとてもうれしい機会です。

DSCF2580 - コピー


 本番は又一挙に高揚して世界が変わります。
 濃密で充実しています。
 ガブリエル・フォーレの「この曲のコード進行は訳が分からない。とても解釈が難しい。」とおっしゃっていた曲も、まさに薬籠中に納めてどこにも破たんの無い演奏に・・・私には…聞こえました。
 
 本番を聞くときに席から外光の漏れ入るのを目に味わいながら音に身を浸していると、この上なく幸福な感じがしました。
 音楽・音楽家ってすごいですね。

DSCF2589 - コピー


 まあ、アーノルド・ニューマンの写真を見ましたから「写真・写真家だってすごいんだぞ。」と・・・・自分の功績じゃないけれど・・・・・そして誰に向かっていうのかもわからないけれど・・・・、何か言ってみたい気がしました。

DSCF2594 - コピー


 私はこの会場をごくごく最近知ったわけですが、今年の11月には閉めてしまうのだそうです。
 様々な演奏家の発表の場であり、学びの場であり、そしてネットワークの核の一つであったこの会場=「音楽空間ネイヴ」との、できたばかりで、間もなく失われてしまうご縁ですが、貴重な体験になりそうです。
 この会場を主宰されているピアニストが私の高校の同窓だというところから生まれた縁です。

DSCF2616 - コピー


 11月19日に、その主宰され来た方を慰労する会を開いて、関係する演奏家たちが集まってオーケストラをするんだそうです。
 おいでになりませんか?と若いファゴット奏者さんに誘っていただきました。
 このファゴット奏者の写真も先日の個展に飾らせていただいています。


DSCF2608 - コピー




DSCF2620 - コピー

 今日は個展4日目です。
 もう半分が過ぎてしまいました。あんなに苦労して準備したのに何かとても惜しい気がします。
 
 ただまあおおむね好評で「これがいい。「私はこの写真が。」と言っていただけるのはうれしいことで、たくさんの人が「これが」と言っていただく写真もあれば、ようやく目にとめてくれてうれしいなあというものもあります。
 昨日はなぜか画家の方が多くて、しかも続けての来場で不思議な感じでした。画家の方たちに評価を聞きたいと思っていましたが、これがまあまあ好評でうれしく思いました。写真を撮る方たちの評価にも耳を傾けたいと思うのですが、あまり具体的なことをいってくれる人はいないし、そもそも写真の人が見に来る数は本当に少ないです。これがいつも不思議で不満な点です。
 絵や陶芸や或は音楽の人たちとの交流の方がよほど有益ですから、特に期待してはいないとはいえ、写真の中に、あるいはそのジャンルごとにつながりや関心が閉塞している様な感じがして、どうも残念でなりません。そう言う点から以前から写真の発展性をあまり感じられないのです。
 
 そして旧職の同僚も来てくれました。

 フリーライターをされている方が立ち寄られて何か音楽関係の写真に関心があるとのことで、「また仕事上で連絡を差し上げるかも…。」なんて言っておられました。が「私はプロではないので・・・・。」とは説明しておきました。つまりお金のやり取りの無いところで撮るのが私のスタンスなんだと。でもそれを承知の上で何か御用があるような雰囲気でしたので「私はワクワクする楽しいことは好きなので、そういう事ならお話を伺います。」とお答えしておきました。
 何か面白いことに誘っていただけるのでしょうか。
 ちょっと期待してしまいますね。


 今回の特徴は何しろお一人お一人との対話が長い。


 ウィークデーですから若い方の来場は望みにくいのですが以前路上で演奏していたグループのお二人が来てくれました。うれしかったですね。また新たなつながりができそうです。

 さて今日はどのようなドラマがあるでしょうか。
  1. 2017/05/26(金) 00:00:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   はるばる東京から出店    Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   ヴァイオリニスト + ピアニスト  Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2223-0e0f5dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR