素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   「どこかにしまった設計図」  Ⅱ

絵に描かれた世界の一部を立体化しています。
元来モノ作りが好きだという事で、プラモデルの組み立て設計図や手順書に見立てたものや完成図をイメージした作品です。が、そこに多くのユーモアやメルヘンが仕組まれています。巧みです。

DSC04395 - コピー


 私たち世代は身近な木切れから小刀で部品を削りだして、一からおもちゃを作り出さざるを得なかったので、それはまたそれで、そのことが多くの経験や知識となり手指の巧緻性の育成ともなったわけです。 
 出来上がったものは、多くの場合余り精巧でもなく見てくれも良いものとは言えなかったのですが、作る過程は楽しく、また自分で制作したモノへの愛着や誇りがありました。

 DSC04398 - コピー


 友達の中にはとても器用で知識も豊かなものがいてそれはそれは憧れるようなものを作り出す者がいて、周囲の尊敬を得ていたものです。

 のちに工場によって準備された組み立て式のプラモデルが登場しましたが、それは購買力のある家庭の子供の楽しみとなりました。
 それでもそれを枠から切り離してきれいに成形し、着実に組み上げるのもまた楽しい作業でしたし、器用さが求められました。

 この人はさらにその後の世代ですが、個人史としては私たち世代のしたことから体験してきたようで、本当にモノ作りが好きなようでした。


DSC04399 - コピー


 その気持ちが絵の中にたっぷりと反映されています。

DSC04400 - コピー



 そしてそこには私たちの世代であれば電気コードのコンセントを持ち出すところにUSBを描くなど現代性にも溢れています。

 まもなく卒業制作を準備することになるわけですが大きな作品を考えているそうです。
 大学は遠いですから見せていただくことができないのが残念ですが、健闘を期待したいですね。

DSC04401 - コピー

どうも我が政府は憲法九条が頭にないらしいし、そもそも憲法をわがものとして内面化していないようだ。
北朝鮮の「ミサイル発射実験」が何に対してどういう政治的目論見でやられているのかを冷静に分析し、その技術的能力などについてきちんと国民に伝える努力を怠って、ただひたすら危機を煽っている。
政府こそ冷静にと国民に呼びかけるべき処なのに・・・むしろこれに対する「不安」を煽っている。NHKの報道然りだ。
しかも、米大統領がこうした北朝鮮の動きに対して「テーブルにはすべての選択肢」があるといって軍事的な選択肢を排除しないというと、直ちに菅官房長は歓迎の意思を示し安倍総理も同様の支持発言をした。
「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」ことは主体が外国だったら応援していいという様な軽薄な意味合いではない。
ブッシュ息子がフセイン政権を大量破壊兵器の備蓄と使用準備」を理由に国際的合意を得ぬままに軍事侵攻して転覆させたときに真っ先に支持表明したのは時の小泉自民党政権だった。その時小泉自民党政府は自主的に判断するだけの情を持たずただただ日米同盟五時のために支持した。
 今度の安倍内閣はどうか。
 オバマ大統領が核兵器の削減を志向すると直ちに思いとどまらせ、今日、国連で核兵器廃絶に向けて世界各国が参集しているときに核兵器の保有国でもない、戦争被爆国の日本が会議に参加していない。アメリカの意向次第だ。

世界の「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」という動きに真っ向から対抗しているのが日米同盟に盲目的にしがみついている自(公)政権に他ならない。
 

北朝鮮の脅威がまっすぐ日本に向けられているかのような「印象操作」はやめるべきだ。

かつて「『ABCD』包囲網が」強められた時に、ついに我が国がどのような冒険主義的な行動に出たのか、その行きつく先にどんな惨害があったのか。それを歴史の教訓にする知性は日本政府にはないのだろうか。(ただし私は日本の太平洋戦争の開戦がABCD包囲網に対する日本の「自存・自衛」に発したものだという議論にはまったく同意しないが。)

北朝鮮が戦争瀬戸際政策をとっているからといって…これ自体実に危険な話であって国際的に極めて不当でもあるが・・・・それを国内政治の目くらましに使うのは、これはこれとしてあまりに危うい。
 こういう戦争・危機を自政権存続のために利用していると、やがて世論も軍も暴走してコントロールを失う。常に戦争政策を是とする議論のために事実からのかい離や、事実の隠ぺいが行われる。森友問題でも自衛隊の日報隠ぺい問題でも官邸は事実を公開する姿勢もなければ、問題の原因解明に逆行する強い姿勢を持っているのは周知のところだ。
 そういう政府が進めている共謀罪では、戦争に反対して情報を公開せよというような動きをあらかじめ取り締まってしまおうということになる。政府の政策に反する活動が「テロ準備」と見なされれば権力の監視下に置かれ取り締まりを受ける。何もかもが「国益」の名のもとに統制される。
 それはまさに治安維持法下の日本だ。
 そうなれば日本の政治状況が、まさに安倍総理や日本会議が憧憬してやまない大日本帝国憲法体制の復活に他ならないことになる。

 森友学園の背後で蠢く日本会議の知識人・文化人は満腔の喜びを示すことだろうが。

  1. 2017/04/08(土) 00:00:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   漆器制作    | ホーム | 素敵な人たちと    by 蒼樹   「どこかにしまった設計図」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2173-249c4eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)
人物 (945)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (147)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (219)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (22)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (31)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR