FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   撚糸

 前回紹介した「撚糸」の方は「御召し」に特化した「撚り」をされているのでしたが、この方は「多様に撚る」ことができる方に特化した方です。
 規格的なものを大量にではなく、糸や撚りの仕方にこだわったものを撚ることに活路を開いてきたわけです。

DSC02638 - コピー


 それには先代の功績が大きかったそうで、お父上は「糸には本当に詳しかった。」そうです。京都の工業繊維大学を卒業されて「糸へん業界」に入られた方で、初めは「織り」の仕事をされていたんだそうです。
 「それが撚糸になってね。」

DSC02639 - コピー


 お父上はとても職人気質の方で「教えてくれなくて、とにかく盗め」という人だったそうで「一生懸命見て盗んだ」そうです。
 「それで、仕事をさせてもらって、できたものを見た父親が何も言わなかったら合格。その時はうれしかったね。」

DSC02648 - コピー


 教えられてできるようになったことと、自分で考え考え試し試してできるようになったこととは違う、とおっしゃっていましたが、そういうことは大いにあると思います。私も共感できます。
 「でも今は自分の技術や知識を隠してる場合じゃない。」 そのことでも意見が一致しました。

 「西陣を訪ねて、ある(国内の)地域から来た見学者には現場を見せないこともあったんだよ。

 でもね、見たからと言って盗めるものでも真似することができるようなものでもないんだよ。肝心なところは指先の感覚や経験だからね。そンなことは盗み取ることなんかできないんだから、どんどん見てもらって関心を持ってもらえばいいんだよ。」

 この点も大いに同感するところでした。

DSC02655 - コピー


 先日の撚糸の職人さんは三代前に北陸から京都へ、この方もお父上の時に京都に来たのだそうで、京都の職人の世界は案外伊勢などとのつながりなどもあって、「昔っから代々京都に住んでいて・・・という人は案外多くはないかもしれないね。」

 かつての私の同僚が京都の人で、こんなことを話してくれました。
 ご先祖が町中から郊外に移り住んで来て、以来ずっと今のところに住んでいるのだそうです。が、周囲のそれより以前から住んでいる人たちには「新しく来た者」と今でも意識されているのだそうです。
 その移り住んだ時期というのが応仁の乱頃だったそうですが。

 京都は千年の都ということが強調されますが、そう単純なことではないようです。

DSC02659 - コピー


 この機械はあくまで展示用ですのでごくごく簡単なものです。

 ご自身の工場ではたくさんの紡錘棒に糸が巻き取られるのを「守り」しているわけですが、見ているだけでなく全身で糸の動き、機械の働きを感じ取っているのだそうです。その時その時に調整しているところに目をやっているのではなくて常に全体に視線を送っているのだそうです。
 「音が変わるからね。」それで機械の不調や糸の切れなどは瞬時にわかるんだそうです。

DSC02664 - コピー


 ニットなどの撚りもするので多種多様な撚りに対応できる機械をお持ちなんだそうでが、
 いろいろな難しい注文に応じる醍醐味もあるようで、本当に基礎的なお仕事ですがやりがいを持って続けてきたという印象が伝わってきます。

DSC02666 - コピー



DSC02669 - コピー
  1. 2017/02/07(火) 00:00:08|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   中国から「漫画」を学びに   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹    英国で写真を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2110-19779141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (152)
人物 (1246)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (156)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (200)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (45)
音楽 (382)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (13)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR