fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   

 いつもの「ギャラリー知」の二人展を見ました。

 若い作家は成長・変化が大きい。境遇や心理状態に変化が大きいからだろう。
 大学卒業や、恋愛、分かれ、結婚、就職いろいろな分岐点が出てくる。そのたびごとに精神的な変化が生まれる。それを成長にできるか否かがカギになる。私の人生を振り返ってもそういうことは幾度もあった。変化がいつでも成長とは限らないことも経験済だけれど。
  
 松本晴喜さんは、その変化・成長を経験して個展にそれを表現したようです。

 松本・画 (2)

 彼の自画像が架けられています。
 ちょうど下の写真のような彼の像です。
 自画像を描きながら彼は今の自分を確認した様です。
 「自分の眼球を描けました。」という言葉がそれを象徴しているようでした。自分を肯定的に受け入れられるようになってきているということでしょうか。それまでは無意識に自分の中に受け入れがたいもの・状況があったのでしょう。

松本・画 (5)

 彼の背後にある塑像は「二人展」の相方の船附一裕さんの作品。
 こうして表現形式の違う人同士の展示は相互に大いに刺激になるようです。
 
松本・画 (7)

 背後に見えるブロンズ像は船附さんの自刻像。
 若い人が自分を見つめるというのは大切な作業でしょう。
 描きながら、粘土を塗りこめていきながら自問自答が続いているのかもしれません。
 松本さんも船附さんと同じように全身の自画像を描いてみるのもいいかなと思いました。体つき、姿勢などには精神が現れますからね。
 このやや前に重心をかけたそれでいてあまり力まない姿勢に今の彼の一面が出ているようにも感じました。

松本・画

 松本さんは鴨川の下流域の鉄道と交差する情景や堤の風景を描いています。
 私には絵画のことはよくわかりませんが、空や堤の色の塗り方はとても好感が持てました。写生としてではなくて情感として塗られているように思えました。
 わたしみたいな素人の感想にも耳を傾ける松本さん。
 次の個展も期待したいですね。 

 松本・画 (8)
  1. 2011/10/10(月) 00:03:28|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   第一回RUA えんじ展 | ホーム | 素敵な人たちと   美の辻・多伽羅  その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/208-a6676b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR