素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   京指物師

 京指物師。
 この場では名刺入れを作っておられた。
 木の枠を裏表から木の板で挟んで作る。
 言えば簡単な作業だ。
 
 DSC00729 - コピー


 しかし、こういう職人さんのものづくり魂にあうと、それが簡単ではない。
 まさに職人芸の生みだす名刺入れに代わってしまう。

DSC00730 - コピー


 第一、材料の木が違う。
 古民家材や神社仏閣の改修によって「廃材」になったものを使う。あるいは神代木とか「埋もれ木」などを使う。
 ですから木材そのものの色や風合いがそもそも違うのです。
 古木でも鉋をかけると木の香りが漂います。この時もヒバを削ってくれました。すっかり枯れ切ったかと見える気を削るとたちまち芳香が立ち上ります。
 こういう気を探し求める力が違います。
 いつでも材木屋に並んでいるようなものではありません。

DSC00731 - コピー


 そして技が違う。
 名刺入れに入れた名刺はふたを開けて逆さにしても落ちてきません。
 名刺の寸法ぴったりですからです。そしてだからこそ入れるときに何の難しさもないのです。
 この絶妙さは不思議でさえあります。鉋の冴えです。

DSC00732 - コピー


 木の枠を裏表から板で挟んで接着する。・・・・・文字すればこれだけのことに古木の持つ色の深みや手触り、先ほど言った寸分狂わない作り。今日の職人の伝えてきた文化が凝縮しています。
 ですから例えば海外出張のビジネスパースンが、これを赴任先で取り出せば、ただ名刺を交換するだけの場面でこの無事ネスパースンの背後に日本の重層した文化を語らせることができるのです。

DSC00734 - コピー


 日本人形やセンスをプレゼントするだけが能じゃない、というところでしょうか。

DSC00737 - コピー
 
  1. 2016/11/26(土) 00:00:47|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹  素敵なお店の前で   Ⅵ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹  フランス人作家、和の美を活かす   Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/2037-80ffd235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (118)
人物 (974)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (157)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (229)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (26)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (40)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR