fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   京の職人たち

DSC00307 - コピー

  職人さんのどの方を撮らせていただいても快い緊張があります。

  友禅の色を置く前の防染の糊を置く仕事です。別の方でも紹介しました。

DSC00318.jpg

 この写真を撮り始める前は、ご近所のとても気のよいおじさん・・・実際そうなんでしょうが・・・という雰囲気で様々なことを教えていただきました。
 「京都五川と言って京都には五つの川が流れているけれど、それぞれ水質に違いがあって友禅の「流し」に一番適しているのが「小川」なんだそうです。
 「小川」については以前その流れを追いましたが、今やほとんど痕跡しかなくなって表面的にはどこにも流れはありません。
 それにしてもこの狭い土地を流れる川のそれぞれに水質の違いがあるんですね。壬生の水質は友禅には適さないそうなんです。ただし化学染料が出る前の話ですが。

DSC00319.jpg

 実際に川で友禅流しをしていたのは昔のことで今ではみんな人口の川、つまり流れるプールでやっているのですが。

DSC00323.jpg

 友禅がなぜ京都の北西部で・・と言ったって京都府のことじゃないんですよ。京都のこの盆地の中でのことです。・・・栄えたかというとこの辺りの湿度が安定しているからなんだそうです。
 この狭い盆地の場所によって湿度の安定度が違うの?! なるほど冬になると十条、九条では曇り、四条辺りで雨、今出川辺りで時雨、北大路へいけば雪、北山では自動車がチェーンを巻いているというくらい違います。
 
 DSC00328.jpg

 お酒造りに自然環境が大きく影響するのとおなじように蚕の吐いた糸に草木の汁を使う時代には、自然環境の微妙な違いが染料の染まり方や糸の縮み方、ねじれ方、織の時の糸のつまり方などに大きな影響を与えていたのでしょうね。

 雑談の時の三重さんと糊をさしているときの三重さんも、これが同じ人かと思わせるほどの違いです。
  1. 2011/10/02(日) 00:05:43|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   美の辻  その1 | ホーム | 素敵な人たちと  京都の職人たち  田中さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/196-e888cbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (699)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR