素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   ベルリンの壁で  

 マイセンの職人さんにはまた後日登場していただくとして、

ちょっと話題を変えまして・・・・、
 ここはベルリンの「東西」を隔てていた、あの壁の跡です。

DSCF8786 - コピー


 ソ連のスターリニズムも、それに対抗したアメリカのマッカーシズムなどなども、それぞれが互いに悲劇のスパイラルを作り出し、その先端で、こういう東西冷戦の悲しくも深刻なことが生まれてしまいました。
 ドイツにしてみればそれをナチの扇動に駆り立てられて犯した自らの誤りの落とし子として受け止められています。そしてそれが、一面では、ドイツ国民が東ドイツ・東ベルリンの人に負わせた戦争の惨害なのだと。

 沖縄の悲劇はそのように日本の犯した戦争によって負担させてしまったものだという思いで見られているでしょうか。千島問題はどうでしょうか。アメリカの責任、ソ連の悪行として、日本政府・国民が自らを問う声は弱いのではないのでしょうか。


 DSCF8792 - コピー


 
 こういう場所では、観光気分では落ち着かないのですが、しかし、一面ではここからまた未来を作る明るさも感じました。
 そしてこういうところに見事にアートの力が発揮されています。

DSCF8793 - コピー



 おっ!!  何か来たぞ。
 みんなで足漕ぎペダルを踏みながら街を周遊して大いにビールを飲もうという事らしいです。

 いいですねぇ。楽しそうです。

 私が、親指を立てながら、カメラを向けて、君たちを撮るよと合図すると、一斉に、イェーッと声をあげて応えます。

DSCF8795 - コピー



DSCF8794 - コピー

  

 他の観光の人たちも大いに盛り上がってカメラを向けますから、彼らも・・・・。

DSCF8797 - コピー



 日本では「飲酒運転!!」ということになりますね。

 誰か素面の人がハンドルを握っているんでしょうか。  どうやら運転手はいるようですね。

 楽しそうです。  でも早く酔いが回りそうです。

DSCF8798 - コピー


 日本のアートでは政治的なアピール、政治的な格闘がとても弱くて、諧謔やパロディーの力もひ弱です。
 大規模な公募展などで見る絵などはほとんどその大半が人畜無害の目黒のさんまです。
 アートの力が違いますね。

DSCF8800 - コピー



DSCF8801 - コピー
  1. 2016/08/11(木) 00:00:48|
  2. 状景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<素敵な人たちと   by  蒼樹   再び マイセンンの職人たち | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   マイセンの職人たち  Ⅲ>>

コメント

こんばんは^^

漕ぎペダルの車
皆様、とっても楽しそうですね!

日本にも、この車
来てくれないですかね?

遊園地のどこか公道でない広場なら
みんなで楽しめるのでは?
なんて思ってしまいました(^^)
  1. 2016/08/11(木) 00:51:14 |
  2. URL |
  3. 坊主おじさん #-
  4. [ 編集 ]

坊主おじさん へ

コメントありがとうございます。
生活の楽しみ方が豊かだという感じがしました。
おっしゃるように日本にもこういうものがあるといいですね。
回る寿司のようにおつまみのちょっとした食べ物も一緒にテーブルを流れると嬉しいなあ。
そしたら頑張ってペダルを踏むなあ。

  1. 2016/08/11(木) 11:21:38 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1927-d4cb5edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)
人物 (945)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (147)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (219)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (22)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (31)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR