素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   人を撮るという事   Ⅰ

 私はプロのモデルさんを撮りません。
 いわゆる撮影会というものにも興味がありませんし、例えば舞妓さんを撮れますよ、どうぞ、と言われると大概の場合は後ずさりします。
 撮ろうという意欲があまりわかないのです。
 あえてかたくなに拒否しているというのではないのですが、ただ気持ちが向きにくいのです。

 これまで撮らせていただいた方々のほとんどの場合は「一期一会」的な出会いでした。

 ただなかにわずかながら繰り返し撮らせていただけている方がいます。

 この人もそのうちの一人です。

 今回高瀬川でやった写真展の際にお手伝いもしていただき、下の写真のようにご自身の染色の作品も出していただきました。
 青く見える大きな作品は大学の卒業制作の作品で、その左手奥に見える白いものが今回の新作です。
 この展示会まで日数がない中、ご自分たちのお店での仕事やアルバイトの合間を縫って、寝不足の連続で制作に取り組んで展示にこぎつけてくれました。

DSC02773 - コピー


 先ほどプロの方を撮らないと書きました。
ですからいわゆる「素人」の方たちにフォトマヌカンをお願いします。それで撮影をお願いするときはフォトマヌカンとしてあまり多くの注文をすることができないのが普通です。
 まずは確実に、きれいに撮れるという事が最優先になりがちです。

 けれどこの人との出会いでは、「僕に、ある写真のイメージがあるのですが、それに協力してもらえませんか。」というところから始まりました。

DSC02891 - コピー


 で、なぜこの人にお願いしたいのかも率直にお話しました。
 その一つがこの人の目尻の表情です。
 初めてお会いした時にはその特徴を化粧で強調されていたのだそうですが、そういうことに疎い私はつい騙されていました(笑い)


DSC02893 - コピー


 私がほしいイメージとこの人自身の強調点の一つが同じだった、そこが幸運でした。
 タダだからと言って、それをいつもキャッチできるわけではないので、それが歯がゆいのですが。

 DSC02897 - コピー


 今度の写真展にはお母さんも見に来られて、展示写真(この人のものも3点ありました)を見ていただけましたし、会場の様子もご覧いただけました。
 「時々写真を撮ってもらったり、何か一生懸命やっている様子なんだけど、よくわからなかった。でもあなた面白いことに参加させてもらっていいわねえ。」と言っていただけました。
 うれしかったですね。


DSC02914 - コピー



 ところで、今度の写真展の時に、私とそう幾つも年の違わない男性が来場されて、写真を見ながら「こういう人物の写真を私も撮っているのだが・・・・。この写真は本人に断って撮っているの? 承諾を得て展示しているの?」と聞かれてしまいました。
 どの写真・・・・殊に若い女性の・・・・を見てもご本人に断らねばできない撮り方をしていることはすぐにお分かりではないのかなあと思いましたが、まあ、そういう事が関心事であることは確かですね。
 
 でも正直なところ、勝手に撮って勝手に公開してしまう様な人たちと一緒にしてくれるなと、少々「ムッ」としました。
 人間が小さいんですかね。

 その方は盛んに、一眼レフカメラよりミラーレスカメラの方がオートフォーカスの合焦点の分布面積が広いことを強調されて、一眼レフカメラを使い続けているなんて・・・という空気を濃厚に醸し出されていました。
 「ポートレートの場合焦点を合わせたいものが画面の隅に来ることが多い。そうなると一眼レフではだめだね。」と言われるのです。オートフォーカスでしか焦点を合わせない方にとてってはそういう事も、あるいはいえるかもしれませんね。
 けれど、そういう技術や工学の分野の事と絵としての写真を見ていただいて交流することとは、ひとまず、また別の次元だろうにと思いながら、仕方なく話を聞いていました。
 私がアマチュアで熱心に写真を撮る人たちとの交流を好んではしない原因の一つはこういう事にもよるんですね。
(もっとも、その方は「お前の写真はピントが甘い。そういうことを直接的に言うのは武士の情けとして忍びないからカメラの問題として言ってあげた。それを逆切れしているようじゃあ成長は望めんなあ。」と思われているのかもしれませんが。)

 
DSC02919 - コピー


 桜の花びらが降ってきました。
 

DSC02930 - コピー



  1. 2016/04/25(月) 00:00:13|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   by 蒼樹    | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   高瀬川に二胡の響き  Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1817-9195b6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (118)
人物 (974)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (157)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (229)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (26)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (42)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR