素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   冷たい風の鴨川で   Ⅰ 978,979

 午前中は晴れ間もあって、さほどではなかったのですが、昼過ぎ頃から冷たい風が吹きました。
 空にはどんよりと雲が広がり、観光にはちょっと気分が乗らないかなという、そんな日でした。

 私はある写真展を見ての帰りです。
 寒いです。
 いつもなら等間隔にカップルなどが座る、例の場所。 鴨川の四条大橋の下あたり。
 だ~れもいな・・・・い?!
 じゃなくて着物姿の若い女性がお二人でポツンと・・・・。

 寒いのになあ。

 せっかくの京都観光だから、お決まりの・・・は是非とも経験しておきたい、という事でしょうか。

 よく見ると盛んに自撮りをされています。


ふと「マーケットリサーチをしてみよう。」と思い立ち、声をかけてみました。


 DSC01402 - コピー


 というのもこれまで幾度かこのブログにも書いている通り、3月の下旬から四月上旬まで高瀬川を四条通から10分ほど下がったところで「ききみずガーデン」という面白い企画があるのです。そのしっぽにぶら下がっている私は4月の8,9,10日に高瀬川四季AIRというギャラリーでミニ個展をします。
 その際、来ていただいた方のうちのなかに希望される人がおられれば「咲き誇る桜を背景に写真を撮りましょう」という企画なんです。

 で、さらに希望されれば一枚500円でプリントしてお渡ししますよ、という事なんですが・・・・。
 前回、昨年9月に同じようなことをした折に「500円」という価格設定について若い人と年配の方との意識の違いに気付いていたのです。

 一枚500円は高い・・・・若い人の感覚のようです。

DSC01407 - コピー


 それなりの撮影技術・経験を持つ者が撮るのだから1000円位には設定すべきだという周囲のご意見と、若者世代の感覚に違いがあるのです。
 
 観光の若者の意識としてはどうなんだろう・・・、聞いてみました。

DSC01408 - コピー


 何かほかにお得感があれば・・・例えばお茶券が付くとか・・・いいけど、一枚500円はちょっと・・・という反応でした。
 
 現実にコスト計算をすれば2Lのプリントと「お茶券」で500円では採算が合いません。そのうえ台紙に挟まれていればと加えられれば赤字になってしまいます。

 つまり写真についてはほとんどお金を払ってまで欲しいとは思わないという位の感覚なんですね。

DSC01409 - コピー


 ご自分たちで互いに撮った写真と技術を持つ人の写真とを比べて、そこに有意の差をみとめない・・・・これが現実なんですね。
 ここで「技術を持つ人」に私自身を代入すると話がまた違う方に行くので、一応一般的な意味でという事なんですが。

 DSC01414 - コピー


 写真はせいぜいプレゼントされるもので対価を払って手に入れるものではない。それが世間一般の考え方なんでしょうね。

 だから逆に半切などに3万、5万という値段をつけている方に対しては本当に頑張っているなあと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「ここからだとどちらに行ったらよい観光ができますか?」と尋ねられたので、ここから街中に行っても大したことはないから東に行ったらどうですか・・・とお話したのですが、
 「本能寺に行きたい。」というので「本能寺に行っても何もありませんよ(歴史的な資料館・宝物館がありますが)。」と応えますと、それでも

ぜひにとおっしゃるので、

 じゃあ、これからそちらの方向にあるギャラリーに行くつもりなのでご一緒しましょう。
 (実際ここからでは道順の説明がいささかややこしいのです。)


DSC01415 - コピー


 どうせ歩くのだから木屋町通りをいきましょう。
 京都らしくていいなあ。

DSC01417 - コピー
  1. 2016/03/04(金) 00:00:56|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと   by 蒼樹   冷たい風の鴨川で   Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと   by 蒼樹   新装成る  Ⅴ>>

コメント

京都ではありがとうございました😊
素敵なお写真を撮って頂いたり京都のお話を聞けて良かったです⋆*✩⑅◡̈⃝
とても楽しい時間になりました!!
  1. 2016/03/04(金) 10:15:07 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ
物の対価設定はほんとに難しいですね。
その価値を感じていればいくらでも支払いたくなるのでしょうが・・・・年齢だけではないような・・・
  1. 2016/03/04(金) 13:07:14 |
  2. URL |
  3. miya #11MmKJpc
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> その価値を感じていればいくらでも支払いたくなるのでしょうが・・・・年齢だけではないような・・・

そうですね、どうも私の写真にはあまり価値を認めていただけないようで、力不足を感じます。
作品の力がなければ始まりませんね。
  1. 2016/03/04(金) 18:15:41 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 京都ではありがとうございました😊
> 素敵なお写真を撮って頂いたり京都のお話を聞けて良かったです⋆*✩⑅◡̈⃝
> とても楽しい時間になりました!

こちらこそ、ありがとうございました。
  1. 2016/03/04(金) 21:43:47 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1764-c4d09095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (118)
人物 (974)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (157)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (229)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (26)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (37)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR